2019年7月23日火曜日

もりそば+ちくわ天@嵯峨谷浜松町店


嵯峨谷は大好きな蕎麦屋さんですが、浜松町にもあったんですね。水道橋店がなくなってしまったので残念でしたが、こっちに用事があった際には寄りたいと思います。

ということで、一発目。盛りそばにちくわ天をトッピング。プレモルを頼みたいのをぐっと堪えて、ささっといただきました。

2019年7月17日水曜日

小松菜枝豆天そば@大江戸そば赤羽


赤羽駅ホームの立ち食い蕎麦屋さん。
ちょっと変化球メニューが目につく。
小松菜枝豆天そばを注文。
小松菜の香りと枝豆の風味が旨くバランス取れててなるほどと納得の美味しさ。


2019年7月5日金曜日

豚角煮天丼@てんや赤羽店




昨年もやってたてんやの豚確認天丼が今年もやっていると聞いて、いつかは行かねばと思っていた。

午前中本社での会議でそこから職場に戻る際に、いっちょ行くかと乗り換えの赤羽でお昼にする。

今回はちょっと豪勢に冷ややっこも付けてみる。

前回も思ったけど、あのほうれんそうの天ぷらという伏兵がいい仕事をする。
そして半熟玉子天。いまとなってはてんや以外でも見かけるようになったことから、その存在感、認知度が高まったと思える。

何はともあれ、ものすごく高カロリーな一品だが、こいつを食べるということはそんなこと気にせず堂々と食するのみ。

冷奴がいい箸休めにもなり、おいしくいただきました。

2019年7月4日木曜日

赤い鶏カレー@カレーは飲み物。水道橋店



カレーは飲み物。水道橋店二度目の訪問。
前回は黒だったので今回は赤で行く。
トッピングは玉子、パクチー、らっきょうにしてみた。
程よい辛さでおいしい。
赤、黒どちらかと言えば黒のほうが好みの味か。


2019年6月25日火曜日

辛味そば@金字塔


久々に赤羽金字塔へ訪問。
段々熱くなってきたので、ちょっと変化球をと思い、「辛味そば」をチョイス。

トッピングの味玉がいい箸休めとなってうれしい。

今まで何度か食べているが、ひりひりと刺すような辛さではなく、じわじわくる辛さが良い。

2019年6月3日月曜日

ワン・トリック・ポニー|ポール・サイモン



最近は新しくCDやレコードを買う余裕もなくなってきたので改めて手持ちの音源でレビューしてないものをのんびり取り上げたいと思います。


ポール・サイモンの80年のソロ・アルバム。前作から5年ぶり。


レイト・イン・ジ・イヴニングは後のワールド・ミュージック路線を予感させる独特のリズムを活かした傑作。ホーンセクションもいいスパイスになっていて曲を盛り上げている。


続く"That's Why God Made the Movies"は「恋人と別れる50の方法」でもそうだっけどバンドサウンドに溶け込むようなエレピの柔らかい音がいい。それにしてもタイトルの言い回し、ビーチボーイズの「神の作りしラジオ」の原題でもありましたね。


やはり本作一番の押しは"Jonah"。哀愁漂う憂いあるボーカルが素晴らしい。


クリムゾン加入前のトニー・レヴィンがベースで参加しており、ピーター・ゲイブリエルやジョン・レノンのレコーディングと引っ張りだこの頃。よくもまぁ、キング・クリムゾンのようなパーネントバンドに参加する気になったなぁと思うし、そうしてくれて良かった。

2019年5月24日金曜日

唐揚げ2種盛り定食@からやま北赤羽



久しぶりに赤羽まで歩こうと思いたち、新河岸川沿いを歩き、北赤羽からは環八沿いを歩く。
北赤羽をちょっと過ぎると以前からあるファミマの駐車場の隣に唐揚げ専門店?からやまができていた。
からやまは以前営業と埼玉方面へでかけた際に中山道沿いで見かけたと思うのでなんとなく存在は知っていたが、まさかここにできるとは。
地元にもないし一度は行ってみるかと入店。
時間帯なのか夕食のおかずとして買って帰る主婦、サラリーマンも多い。カウンターやテーブル席も適当にあるがテイクアウト客が多い。
メニューを眺めてどうするか攻め方を考える。無難に唐揚げ定食も良いが、もうちょっと店の味の幅も知りたいなと思い、むね肉の唐揚げもある2種盛り定食を注文。
タレが二種類。唐揚げが大きいのでうまくタレが絡まないが適当につけながら食べる。
もももむねもどちらも旨いけど、まぁ普通かな。松の家で唐揚げ食べるのと正直そんなに変わらない気もする。
揚げたてなのでとにかく熱くありがたいことだが、冷ましながら食べるので思ったより時間かけていただきました。
散歩途中、橋の脇の階段の下でスマホを、いじってる女の子。こんなところでなにやってるのかね?の思いながら通り過ぎた。