2009年6月10日水曜日

封印再度(森博嗣)




最初の推理小説「すべてがFになる」もよかったので、てきとーに続きを読んでみた。
推理小説としてのロジックは本作の方が好きかな。

全体の雰囲気は、孤島ものだけに前作の方がいいんだけど、こちらは横溝作品のような「血縁」要素もあって、また違うテイストで楽しめる。
ムダに人がばたばた殺されない(?)のも、いいかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿