2009年7月27日月曜日

エターナル・サンシャイン

急にちびすけ3号が泣き出してしまい、夜中に起きる。
相方も実家に行ってしまっているので、中々泣き止まず、時間をかけてようやく泣き止んで寝てくれた後は、完全にこちらの目も覚めてしまった。

ということで、以前録画しておいた「エターナル・サンシャイン」を見てみた。



冒頭の列車のシーンなどから普通(?)のラブ・ストーリーものかと思いきや、彼女の方は記憶を消す手術のようなものを受け、彼と会ってもそっけない。
彼の方も、色々悩んだ末に記憶を消すことに決めるが...

その記憶を消す際の、頭の中の動きがなかなか面白く、主役を演じているジム・キャリーにはまっているなぁ。その記憶を消す作業に携わる人たちにも色々あり、それがうまく絡み合ってストーリーが進んで行く。

記憶を消して幸せになれるか?簡単には答えが出せないけど、消すことが簡単になったとしたら重要な問題になるよなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿