2009年8月5日水曜日

Red Queen To Gryphon Three: Gryphon



YESの前座も務めたこともあるというGryphonのサードアルバム。

楽器編成が独特で、バスーンやクラムホーンが使われ中世宮廷音楽っぽさが全編を覆っていて、YESや他のバンドの持っている攻撃的でとげとげしい緊張感がない。とは言え、ぼけーっと聴いているようなゆるい音楽でもなく、そこがまた奥深い。

0 件のコメント:

コメントを投稿