2010年6月21日月曜日

三月は深き紅の淵を:恩田陸

初めて読む恩田陸。本当は「木曜組曲」を読もうと思ったけど、思わず手にとったのがこれ。

なんかいいタイトル。

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

読んでみてこれまた入り込める要素がたっぷり。

とある有名作家が書いたと噂される部数限定の私家本。四部作で、読む者はある約束に従い人に貸すことができる... この本をめぐるストーリーが展開されるが、ストーリーも四部作という形で携わる人々の切り口を変えて繰り広げていく。

2部目に「物語」に関する見識が述べられているが、なかなか興味深い。

他の作品も読みたくなった。

0 件のコメント:

コメントを投稿