2010年7月1日木曜日

石ノ目:乙一

石ノ目

初めて読む乙一の小説。

奇妙な4つの短編からなるが、どれも秀逸。表題の「石ノ目」は古来からの伝承をうまく使った現代の不気味なエピソード。オチも驚くものではないものの、なかなかのもの。

人形をテーマにしたBlueは、Kingが書きそうなエピソードだし、御大ならもっとにじる寄る恐怖を印象づけてくるだろうけど、どこかあっけらかんとしている雰囲気は独特なもの。

個人的には、挿絵はいらんかったなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿