2011年2月1日火曜日

白夜行:東野圭吾

白夜行 (集英社文庫)

初めて読む東野圭吾。本屋で平積みされていたし、なんとなくこれにしてみた。

二人の中心人物が小学生のころに起こった殺人事件から、学生時代、社会人と時代を変えつつも怪しげな事件の背後に蠢いているような様が不気味で一気に読み進めた。

女って怖いな、って素で感じさせてくれる。

他のも読んでみようかと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿