2011年6月22日水曜日

海辺のカフカ:村上春樹

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)

以前は、小説と言えば村上春樹、ぐらいな勢いで読んでましたが、ここ10年弱はそれほど熱心に読んでなかったんだけど、本がたまってきて整理しようと思い出て来たのがこの単行本。当時は、新作が出たらきちんと単行本を買って楽しんでました。

で、久々に読んでみたんだけど導入部は少々退屈に思えたものの、話が進むにつれいつもの村上ワールドに引込まれてしまい、一気に下巻まで読了。

例の作品を彷彿させる、章ごとに人物、場面を切り替えてくる手法なんだけど、じわじわくる感じがいいですね。

星野青年がいい味だしてて好きですが、いまいっちょ図書館側は人物がうすっぺらく感じてしまった。前はどう感じたかな?

新作の1Q84もまだ未読。なんか文庫本出てからでいいかなと、あまり積極的でない。今回、これを読み直したけど、やっぱり急いで単行本買うこともないかなとw

0 件のコメント:

コメントを投稿