2011年6月29日水曜日

Scarcity of Miracles:King Crimson Project

Scarcity of Miracles

1. A Scarcity Of Miracles
2. The Price We Pay
3. Secrets
4. This House
5. The Other Man
6. The Light Of Day

不思議なバンド名。

メンバーはFripp御大(g), Tony Levin(b,stick), Mel Collins(sax, flute), Gavin Harrison(ds,perc)に加え、Jakko Jakszyk(g,vo, key)とどう見てもCrimson。

しかし、音を聴けばあえてKing Crimsonと名乗らなかったのもうなずける。

いつものFrippのギターやサウンドスケープにJakszykの歌が乗っかったようなもの。そこの組み合わせはそれほど悪くない。なぜだか、このリズム隊がおとなしいw

出戻りと言っていいのか、Mel Collinsがこれまたいい仕事をしている。しかもなんか、フレッシュ感があっていい!Jakszykの歌と合うやさしいメロディ。

ただ、やっぱりKing Crimsonではないんだよね。

だけど、このメンバーでもCrimsonになれるはず。一日も早い活動再開を期待!

0 件のコメント:

コメントを投稿