2011年7月11日月曜日

コメットさんにも華がある:川原泉

コメットさんにも華がある (ジェッツコミックス)

川原泉の新作が出たたので、読んでみた。

前作の「レナード現象には理由がある」と同じ高校が舞台で、各エピソードもまぁ同じような切り口なんだけど、うがった見方が散りばめられてるけど全体的にはなんとなくほんわかする不思議な印象。まぁ、これもいつもどおりぶれないんだけど、面白い。

前作の登場人物たちもちらちらっと出てくるのも、効果的。

0 件のコメント:

コメントを投稿