2012年2月10日金曜日

ロング・グッドバイ - レイモンド・チャンドラー

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)

村上春樹訳のレイモンド・チャンドラー。ハードボイルド探偵、フィリップ・マーロウの物語。

読むのは初めて。映画も観たことない。

読んでみたら結構入り込めた。途中、Vで始まる名前の医者を探すところだけ、ちょっとだるかったが、後はいい具合に読み進めることができた。

ところどころ村上春樹的言い回しもあるけど、比較的ナチュラルな感じの文章だなと思った。

確かにこれを読むと、グレート・ギャツビーが読みたくなるから不思議。

0 件のコメント:

コメントを投稿