2012年2月29日水曜日

Cor Cordium - Glass Hammer



1. Nothing Box
2. One Heart
3. Salvation Station
4. Dear Daddy
5. To Someone
6. She, a Lonely Tower

以前から、現代プログレを語る際に必ず目にする名前ということで気になっていたGlass Hammerですが、そのボーカリストがまさかのYES加入ということで驚いた。

そもそもは、Benoit Davidの体調不良による離脱が原因らしいですが(最近、正式に脱退が決まった模様。しかも、バンドからの通達っぽいorz)、ツアーも決まっていることからボーカルが必要なのは理解できますが、疾風が如くの人事処理にスクワイヤ番長のヘッドハンティング術は衰えてないことがよーーーく分かりました。

こう書いているとYESの話しかしなくなりますが、そんなこんなで以前から気になってYoutubeなどでは視聴していたこのバンド、その最新作「Cor Cordium」をゲットして聴いてみました。

長尺な曲もいくつかあり、作風としてはやはりYESに近いと感じました。ただ、YESミュージックを基調としつつ、もう少しフォーキーというか穏やかな演奏、楽曲だと思うし、悪く言うと「パンチがない」と感じてしまう部分もなきにしもあらず。

まぁ、無理にあらを探さず、普通に聴けば実に良質な21世紀に受け継がれているプログレ。しかも、YESフォロワーだなんて素敵じゃないですかw Wikipediaなどで調べてみると、既に10年以上活躍しているベテラン。最初期は、トールキンを題材に取り上げたりと結構ベタなアプローチで、そういう意味ではぶれないなw、と。

ここ数作はジャケットもRoger Dean派なアーティストによる美しいカバーで、こちらも魅力的。あまりにも露骨だとステレオタイプだなんだ言われるんだろうけど、不思議とそういう嫌味を感じるバンドではないですね。前作「If」にはYESの元祖看板ボーカルJon Andersonもゲスト参加しているので、そちらもいずれゲットしたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿