2012年4月28日土曜日

Caress Of Steel



プログレッシブな大作主義の幕開けとなるターニングポイント的な3rdアルバムアルバム。

Bastil Dayはフランス革命を題材にしたアップテンポなHR。
Lakeside Parkはどこかポップな初期の名曲。

後半のNecromancerとThe Fountain of Lamnethは10分、20分の大作。ただ、まだまだ1曲通しての構成が甘いからなのか、次作の2112や後年のHemipshereのように大作代表として取り上げられないのもなんとなく分かる。

    • 1. Bastille Day
    • 2. I Think I'm Going Bald
    • 3. Lakeside Park
    • 4. The Necromancer
    • 5. The Fountain of Lamneth
 

0 件のコメント:

コメントを投稿