2013年2月8日金曜日

Jake Bugg

最近話題のシンガーソングライター。ノエル・ギャラガーとストーン・ローゼスのオープニングアクトを努めたことから一躍注目のアーティストに。

自分も話題になってから注目したクチですw 男性ではこの手のアーティストが取り上げられるのも久々な気もします。

最初に聴いたときは、21世紀のBob Dylanか?と、ものすごい陳腐なレッテルを貼ってしまったんだけど、声質や歌いまわしからどことなく連想させられてしまったんですね。そういう意味ではそれほどタイプではないはずなんだけど(別にDylanが嫌いって訳じゃないけど)、さりげなく感じるUK的な部分に惹かれたんでしょうか。

セピア調のジャケットもイイ。ああいう風に音楽もジャケットも最先端に媚びずに自然体であれば、流行に関係なく聞き続けられそうですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿