2013年3月4日月曜日

claire - 花澤香菜

今人気の声優、花澤香菜の1stアルバム。

これまでいくつかのアニメの主題歌を聞いた程度だったけど、その歌声に惚れて購入。

注目のきっかけは、Steins;Gateの椎名まゆり役。あのアニメ自体結構繰り返し見るほど気に入ってしまい、それでそれぞれの声優さんをなんとなく覚えるようになった。

その後、PSPのFF零式の登場人物の1人Duceとしても登場し、「やっぱりいいよねぇ」という具合にw

そして決め手は化物語の主題歌の1つ「恋愛サーキュレーション」。これにものすごくハマった。アイドルにハマる人たちはルックスが先なのか、歌が先なのかよく分からないけど、自分はこの「ささやくような」声にハマったのでした。

この1stより前にいくつかのEPが出てたけど、とりあえずhappy endingのみ購入。これはこれで結構聴いた。そういう意味では、一般的なファンよりまだまだ入れ込み具合が足りないのかなww

で、今年になって本作が堂々登場。

ヤバイ。

冒頭の「青い鳥」からしていい具合なんだけど、あの「語り」部分にまたやられる。あざといでしょ?

他にも「melody」でも後半からの「好き」「嫌い」「うそ」「ほんと」を様々なバリエーションで発するところは流石声優。声で演技してますぜって思うんだけど、他の声優さんの曲をあまり聴かないのでこういうのがよくあるパターンなのかどうかは分からない。

プロデューサは北川勝利氏。渋谷系もろくに聴かない自分には、正直馴染みないんだがこのセンスに脱帽。彼女のいいところがすーっと出てる作りになっていると思います。全体的にささやくような感じがしつつ、ややハスキーな感じもするボーカル。

他にも作家陣には神前暁氏の名前も。1曲だけ花澤香菜本人の作詞もあり、面白い。

ジャケットもこれはずるいだろwwwと言わざるを得ない。

ということで、また1つちょっとした気分転換に聴けるいいガール・ポップがライブラリに加わりました。

補足:現在放送中の「新世界より」のEDも彼女。

これは歌詞もまた雪の野原を静かに踏みしめていくような歩みが想像できる不思議な1曲。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿