2013年5月1日水曜日

ストレンジ・デイズ2013年6月号

今月はGenesis特集。正直過去の特集と比べ、レコード会社のSHM-CDリリースに合わせた「だけ」の感じがしてちょっとなぁ、という印象。Hackett先生来日直前の特集にしては少々寂しいな。

今回はライブ・レポートに期待してまして、あえて行かなかったThe Crimson ProjecKtと、始めからあまり行く気はしてなかった「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル最終楽章」。

Crimson ProjecKtの方は記事を読んで、まぁ行けば楽しかったと思うし、いい音楽体験ができただろうと感じたんだけど、正直やっぱり行くまでもなかったのかなとw LevinもBrewも好きなんだけど、Fripp抜きならもう少しメンツが違うんじゃないかなぁと、まぁ幾分偏見入ったおっさんの意見ですので、行って楽しんできた人たちはうらやましい限りです。

オフィシャルブートも買おうかと思ったけど、Wings Over Americaも控えていることもあり自重しようかな。

もう一方「イタリアン・プログレッシヴ・ロック・フェスティヴァル 最終楽章」は、ちょっとこれ面白かったんじゃないの?っていう幾分もったいない機会だったことを後悔。PFM好きならマウロ・パガーニだけでも拝んでけというw それにAreaだって別に未聴ではないんだから行ったら行ったで楽しめたかも。岩本編集長が東走西奔しまとめあげたイタリアンプログレ3CDコンピを買うしかないか。

あとは以前から気になっていたSgt. Tsugei's Only One Club BandのBeatlesカバー。アコースティックギターということで、これはいつ買ってもおかしくない。聴きたい。

後半のCDレビューも結構食指の動く作品があって、物欲を押さえるのが大変。Music Unlimitedで確認してみよう。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿