2013年5月10日金曜日

アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う

Kindleでセールしていたのでつい購入。以前から書店でも平積みされていたこともあって記憶にひっかかっていたシリーズ。

正直、冒頭は「読み続けられるか?」と思ったけど事が動き始めると、物語に夢中になっていくのでよかった。

19世紀のロンドン。だけど人間以外にも吸血鬼や人狼といった異界種が社会に溶け込んでいるという設定の世界。

久々にファンタジー小説を読んだけど、数年前にはまっていたエディングスとは違い幾分スチームパンク的でどっちかというと今まで読まない類の話だったけど、思いのほか楽しめた。

作者はなんとなく女性だろうなと思ったら、やっぱりそうでした。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿