2013年10月10日木曜日

John Lennon Anthology

'98年にリリースされた未発表音源集。その頃までにワゴンセールで売られていたブートなどを聴いていたせいで正直内容にインパクトは感じなかったw

未発表テイク、アウトテイク集で年代順に収録されている。ピアノ、ギターによるデモを中心とした感じでいい。

Johnのソロ曲の特徴でもある「シンプル」なメロディの制作過程が垣間見えて、大変興味深い。同じようなアプローチであるはずのBeatles Anthologyと比較すると、やはり「熱」が違うというか、あちらは「原石」なのに煌きさが圧倒的なのだが、こちらでは「スケッチ」の域を出ないのが良くも悪くも特徴的。

バンド内に競争相手(Paul)がいるせいも考えれるし、ソロは内省的なものも多いので、そこは味わいの違いがあってしかるべきか。

その「スケッチ」を楽しむボックスですかね。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿