2013年11月22日金曜日

三国志 - 吉川英治

青空文庫で公開開始となったので、読んでみた。

自分の中での三国志の基本は安能務の三国演戯。十八史略中の三国志も良かった。某ハードボイルド作家のは合わなかったみたいで1巻でやめてしまった。

どうかと思ったけど、やはり三国志といえば吉川英治と言われるだけのことはある。物語に入りやすい。

幾分、劉備が聖人的に扱われてるのがどうかと思うけど、曹操像や張飛像はいい。特に張飛の駄目さ加減がいいw

既に4巻目に突入しているけど、全巻読破することを決めた。

改めて青空文庫に敬意を表したい。

ちなみに、Kindleでも無料公開となりましたね。

0 件のコメント:

コメントを投稿