2014年3月10日月曜日

Goodbye Yellow Brick Road Deluxe Edition - Elton John

これまでほとんどノーマークのElton John。先日のTransatlanticのカバーが良すぎてオリジナルが聴きたくなった。

邦題の「黄昏のレンガ路」ってのが、また詩的ではまる。

しんみりくるメロディライン。Gilbert O'Sullivanとはまた違う味でいいですね。これぞ英国ポップですな。

ちなみに手持ちのElton Johnと言えば、単品タイトルではとくになく(マークしてないのでw)John Lennonの最後のライブ、正しくはElton JohnのライブにLennonが飛び入りしたとき、Elton Johnが一緒にWhatever Get You Throught The Nightを歌っているのを持っている。

多少キワモノっぽい目で見ていたが、食わず嫌いだったかもしれない。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿