2014年8月31日日曜日

CSNY 1974

流石にアナログ付きデラックス・エディションでは買えなかったw CD3枚組にDVD1枚というボリュームなので、レビューが遅くなってしまった。DVDはまだ観れてない。

オープニングはLove That One You're with。スタジオ版ほどシャープな感じではなく、くだけた感じのアレンジだが、オープニングとして盛り上がりは上々。Wooden Shipは重々しくロックしている。Immigration Manは前の曲の勢いで強めなアレンジ。

Neil YoungのHelplessで一息つきそうなんだけど、そこまでの「火照り」が残った演奏。ハーモニカが入るたびにクールダウンしているように聴こえて面白い。

1枚目と3枚目はエレクトリックセット、2枚目はアコースティックセットという感じか。CSNYのライブと言えば4way Streetが定番だったけど、Suite: Judy Blue Eyesは全編収録でないし、収録曲で言えばこちらに軍配が上がると思う。

さて、StillsのChange Partnersで始まる2枚目はNeil Youngの曲の良さが際立って聴こえるw さすがピンでやっているだけあるということなのか。Only Love Can Break Your HeartやLong May You RunはCSNのコーラスもあっていい出来。Teach Your Childrenは4way Streetのアレンジに慣れすぎてしまった。〆のSuit: Judy Blue Eyesは初のライブ全編収録。非常に嬉しい。

3枚目はDéjà Vuで幕を開けるが、長いw

4way Streetのエレクトリックセットでもそうだったけど、無駄にソロが長いんだけど自分は正直Stills, Youngのギターソロはさほど面白いと思ってないので長いアドリブはありがたくないかな。すみません。

DVDが未鑑賞なので、そのうち動くCSNYで感動したい。

ブックレットは分厚くて写真満載。これ手にするとダウンロード販売でなくてよかったと納得できます。オススメ。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿