2014年9月30日火曜日

The Best of Badfinger

Beatlesの弟分として、Appleレコードのアーティストとしてデビューした「不運な」バンド、Badfingerのベスト盤。

前進バンドThe Iveys時代からBadfinger時代まで収録しており、やはりPaul McCartney作のCome and Get Itが光る。ちなみにBeatlesバージョンはAnthology 3で聴けます。初期のBeatlesを感じさせるミドルテンポのポップ・ソングで結構いい曲なのに他人に惜しげもなくあげちゃうあたりが凄い。

Badfingerと言うかThe Iveysと言えば、やはりMaybe Tomorrow。こういう歌だからこそ、Beatlesの弟分的扱いにもなったんでしょうか?

しかし、彼らの歴史はその後芳しくなくマネージャーがバンドを裏切り借金だけが残り、終いにはメンバーの中心人物も悲観して自殺するという、なんともやりきれない感じ。

名曲Without Youがまさか彼らのオリジナルだとは思わなかった。自分はAir Supplyのカバーが好きです。

まぁ、何と言うかベスト盤なんだけど、どこか垢抜けないというか悪く言うとB級色が感じられて、お得感が薄い。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿