2015年5月11日月曜日

体育館の殺人 - 青崎有吾

Kindleのお試し版(無料)を読んでみたのだけど、ものすごくいいところで終わり。続きは本編をお求めください、ということでまんまと尼の思うつぼでポチッとしそうだったけど、図書館にあるんじゃないのと検索したらあったので予約。

久々に推理小説の類を読んだ気がする。

ベタな感じだけどテンポ良く読めたのは、良作の証ではないか? この作者、まだ大学出たてっぽくてその才能が羨ましい。

探偵役のオタク学生のキャラも立っていて、ふと読み終えて思うのは他のキャラが幾分弱いか。せいぜい新聞部部長ぐらいで、犯人も(最後にならないと分からないのでしょうがないが)それほど際立った存在ではないかと。

マンガ、アニメ、声優ネタが散りばめられているが、こういうの嫌いでないけど、ここまで散りばめられているのは活字媒体ではお目にかからないのでどれくらい受けるのか心配になるw

続編も出ているので読んでみたい。

田中寛嵩のカバー絵が好き。合っていると思う。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿