2015年5月15日金曜日

ファンタジーを描く〜佐竹美穂のダイアナ・ウィン・ジョーンズの世界〜

すっかり美術館やら絵画展と疎遠になってしまった。以前はシュールレアリズム系絵画だけでなく、ーレコード・ジャケット展なども熱心に行っていたが、なかなかそんな時間もなく今に至る。

今回たまたまチケットを入手できたので、行ってみた。場所は銀座ということで、これまた久しぶり。山野楽器近くの書店の上にある展示スペースだったが、この書店に入ったのは初めて。

実は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズは読んだことがない。ただ、創元文庫に馴染みはあるので書店でそのコーナーに行くと目にするので結構知っている表紙絵が多かった。その原画ということで、まさに肉筆そのものを見ることができ、予想以上にいいもの観たな、と。

ガッシュによるカバー絵もさることながら、ペン画+水彩のでモノクロ基調の一部彩色されているものなんかは好み。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿