2015年6月11日木曜日

ショーン・オブ・ザ・デッド

久しぶりにゾンビものですが、バタリアンを彷彿とさせるコメディ仕立ての作品。しかし、ゾンビもののツボは押さえられており、観ていて面白い。

ダメ友人を捨てきれず、恋人にも愛想つかされたショーンは、ゾンビ溢れる街でみんなを安全に避難させようとあくせくするが…

最初にゾンビと気付かずにただの酔っ払いと思い込んで対峙するシーンや母親救出のイメージなどは、実にユーモアに描かれていていい。

ラストはこういう落ちなの!?と結構驚く。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿