2015年8月10日月曜日

ランド・オブ・ザ・デッド



休みだし、ホラー映画見るぜッ!と意気込んで、「当然、ゾンビものだよな」とさらに意気込んでHuluで探したのが、ランド・オブ・ザ・デッド。

監督がロメロだし、ハズレではないでしょと思って試聴。

ロメロはやはり何度も同じことやらないというのはいいと思うけど、反面、何かしら「今回はこれをテーマに...」みたいのがちょっと鼻につくところがある。

今回のそれは、ゾンビ側のリーダー(?)。急に意思、目的意識みたいなものが芽生え、人間に退治されるだけの存在から脱却し、支配層である裕福な人間の住処を目指す、という部分。

まぁ、今回はやってはみたものの中途半端な感じが否めない。

それと、結構内蔵引き出しシーンが多く、ホラーやゾンビが好きなくせしてそういうのが多いと、「ううぇぇ」と思う身勝手な自分w

ハズレではないので、ゾンビものエンターテイメントとしてはいいのでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿