2016年3月23日水曜日

Concierto - Jim Hall

一時Wes Montgomery ばかり聴いていたせいでジャズギターと言えばああいうのが当たり前な感じでいたんだけど、Jim Hallはまた全然違うタイプで異なる魅力がある。

Bill EvansとのデュオやGerry Mariganでの演奏を聴くと、俺が俺がというギタリストっぽさではなく、常に全体のバランスというか調和というか自分を前面に出さないで作品を仕上げているような感じがする。

そんな彼の出世作がこのアランフェス協奏曲をモチーフにした一枚。

参加メンバーをみると結構ゴージャスな感じのメンツで、Paul DesmondやChet Baker、Ron CarterそしてあのSteve Gaddも参加している。

作風はやはり俺が俺がという感じではなく全体のアンサンブルで聴かせる音楽。ミュージシャンをうまく使うプロデューサーっぽいですな。

トリを飾るアランフェス協奏曲に目が行きそうだけど、お勧めはその前の「The Answer Is Yes」。

0 件のコメント:

コメントを投稿