2016年10月14日金曜日

リバプール・トランジット・オーソリティ

注文したことをすっかり忘れていたが、届いていて思い出したw

正体不明のBeatlesカヴァーバンドということでPaulの声が似てるという前評判も気になって購入。

輸入盤でなく国内盤。帯、日本語ライナーノーツもついている。

70年代中期にレコーディングとかなっているけど、これは最近でしょ。そう言えば輸入盤がなく、US, UKの尼にもないことからも国内のミュージシャンによるものか?

まぁ、正体はどうであれ雰囲気はBeatles。選曲も有名どころを押さえつつ、BirthdayやThe Night Beforeなどもやったりと通っぽさがたまらん。

Paul役の再現度は驚いたが、John役も結構いける。特にIn My Lifeではソックリ。

演奏も基本に忠実に変にオリジナリティを含めないところがいい。Let It Beのドラムも素晴らしい。自分達の歌としてやるというより、Beatlesになりたい、という気持ちが伝わってくる。

0 件のコメント:

コメントを投稿