2016年12月31日土曜日

大晦日

fullsizeoutput_45

なんだかんだであっという間に大晦日。

最近は年末年始の休みが短いので、年末の余韻など楽しむ余裕などなく押し迫っては過ぎ行くばかり。

昼間に年越しうどん用の天ぷらを買いに行き、夜は年越しうどん食べた後に翌日相方の実家に持っていく料理を仕込み始める。

海老チリと煮豚とポテトサラダ。

それと今年は奮発してカニを買った。3号もカニ食べたことないというので、それなら食べさせてみるかというのもあった。

いつもなら、ニコニコ動画の一挙放送など観ながら過ごすのがここ数年の大晦日だが、今回は特にこれと言って観たいのもないので、huluやAmazonビデオを色々変えながら観ていた。

ということで、良いお年を。

fullsizeoutput_37

2016年12月29日木曜日

豚玉中華そば@舎鈴新宿西口

年末ラーメン食べ納めは、赤羽金字塔ではなく新宿西口の舎鈴。舎鈴と言えば赤羽でつけ麺を何度か頂いたことがあり、味は好き。それが新宿にもあるとは知らなかった。

元々ラーメン食べるつもりでなく、ふらついた結果見つけたので入ってみた。

せっかくだから寒いしつけ麺でないもの食べようと、絵的に旨そうな豚玉中華そばを注文。

豚骨のキツくない魚介と鶏ガラの効いた、いかにも東京風な醤油スープに中細麺が馴染んであっさりと食べられた。

 

2016年12月28日水曜日

Team Geek - Brian W. Fitzpatrick, Ben Collins-Sussman著, 及川 卓也, 角 征典訳

「複数のプログラマが関わる場合、優れたコードを書くだけではプロジェクトは成功しない。」ということは実際にやってみると分かる事だけど、複数のプログラマをチームとして機能させるヒントが満載の1冊。

純粋な技術書でないこともあって敬遠していたが、HRTについて調べていたら本書に辿り着いて、オライリー公式からPDFで購入。

これはもっと前に読むべき、と悔やむほどの良書。

 

2016年12月25日日曜日

燻製3種

昨日やろうと思っていたけど、他にも料理もあったのでやらずにいた。

今回は豆腐を燻製してみたくて、朝から水抜きして準備していた。

豆腐とチーズを一緒に30分ほど温燻。チーズはいつもどおりの出来栄え。

一方豆腐は思ってたよりは、濃厚でも凝縮された味わいでもなく、食べれば豆腐と分かる仕上がり。結局わさび醤油でなんとなく食べたが、残りを翌日食べたらこれがまた味が変わっていて良い。豆腐は少し寝かせてから食べるのがいいのかもしれない。

もう一品はソーセージ。市販のやつを軽く燻しただけ。

シャンパンと一緒に頂いた。

2016年12月24日土曜日

スペアリブ

クリスマス・パーティするということで、スーパーで食材買ってきて仕込み。

チキンばかりじゃ飽きるだろうとスペアリブを作る。ケチャップがなかったんだけど、まぁどうにかそれっぽくなった。

他にもトマトクリームスパゲッティやポテトサラダなどもこさえる。

はーちゃんがサーモンや甘エビを買ってきてくれたので、ちびすけ3号も満足。

2016年12月23日金曜日

満天丼

忘年会の帰りに板橋まで歩く。

途中仲宿辺り、板橋本町駅近くにセブン・アンド・アイが展開し始めた天丼チェーン、満天丼に寄る。

看板メニュー?の満天丼を注文。

10数分して登場。

まぁ、想像どおりの美味しさ。海老2本というのもいい。

お水、味噌汁(無料)はセルフ。

競合は間違いなくてんやだろうけど、てんやのイニシアチブは揺らがない気がする。味噌汁が無料券でも、吉野家と松屋の対比のようにそこは少なくとも自分にとってはアドバンテージにならない。

やはり、メニューで差をつけるべきだろうが天ぷらとなるとなかなか難しいかな。

 

2016年12月22日木曜日

レコスケ 20th anniversary edition

レココレ読者にはお馴染みの、あのレコスケの増補版単行本として登場。

最近、ネットで公開されていたフレッドペリーとのコラボも収録。280ページのボリュームにもなった。カラー作品はそのままカラーで収録。

名盤がリマスター、ボートラ付きで再販される度に買うような気持ちで手にすることが出来る音楽ファンのための一冊。

レコスケの若干狂った情熱を見て、我が身を顧みてしまうw

レコガールの可愛さもいい。

2016年12月19日月曜日

Out Of Our Heads - The Rolling Stones

SストーンズのUKでのサード・アルバム。ジャケットがUSのDecember 's Children と同じで相変わらずややこしい。

大部分がリズム・アンド・ブルースのカバーだが、ミックのボーカルも冴えていて自作曲以上にカバー曲でこそストーンズっぽさが滲み出ていて良作の1枚。

それでも時代がそうさせるのか、ビートルズ旋風の影響なのか、ブリティッシュ・ビート・バンド的空気をまとった感じで聴きやすい。

冒頭She Said "Yeah"で掴みはOK。ベスト盤Grrr!のデラックス版に選ばれるだけの力がある。

やはり何度聴いてもカバー曲の躍動感が凄いと思う。Hitch HikeやTalkin' 'Bout Youなんか本当好き。

それでもLennon-McCartneyに続けなのか、Jagger-Richardsのソングライティングも様になってきてトリを飾るI'm FreeやUSのサードで先に出ているHeart Of Stoneは後年のストーンズが見え隠れしている。

 

2016年12月17日土曜日

長谷寺

fullsizeoutput_54

なんとなく思い立って長谷寺まで行ってみる。うちの方からだと大仏トンネルを抜けると急に観光地臭がすごく、通行人から観光客にクラス・チェンジしている感じ。しかも段々混んでくる。道も狭いのになぁ。

fullsizeoutput_4a

良縁地蔵が異様に可愛い。一番右のに落ち葉が飾りみたいに落ちていて、これまた愛らしさ増。


甘酒と団子で一休み。

 

2016年12月15日木曜日

辛つけ麺@京介

忘年会があったが結構飲みながら話し込んでいたので、終わったら京介があると思い出して1人で寄ることに。赤羽だとこういうことがすぐ出来るので嬉しい。二次会組も場所には困らなかったと思う。

久しぶりに寄ってみたわけだけど、やっぱりつけ麺かなと思い、辛つけ麺の並を注文。

21時ぐらいだったけど、適当にお客さんも入ってくる。

丁度いい辛さなので、箸も進む。テーブルに割りスープが置いてるのもいい。

こうして麺を無心で啜りながら、もうすぐ今年も終わるなと思っていると、年賀状をそろそろやらなくてはと思い出した。

2016年12月13日火曜日

海老天うどん@かのや新宿東口

久しぶりにかのやに寄り道。

以前は蕎麦を食べたがなんとなくうどんを食べてみようと思い立ち、海老天うどんを注文。

これがまた随分コシの強いうどんで、つゆも蕎麦つゆと同じだったりするけど、うどんでは透きとおった出汁の効いたのになっており、うどんの旨さと合う。

ひょっとして蕎麦より旨いんじゃないか。もともとうどん派なので、ついうどんに肩入れしてしまいがちだけど素直な感想。

海老天もプリっとして食べ応えのあるやつでした。

 

2016年12月12日月曜日

The Rolling Stones, Now!

ストーンズのUS3枚目。これが、No.2と結構曲がかぶる。

ハート・オブ・ストーンやリトル・レッド・ルースターが入っている分には結構いいかも。

ヒット曲重視のUSとシングルとアルバムは両方売ろうとするUKのアプローチの違いが出て面白い。

 

2016年12月11日日曜日

焼肉きんぐ

長男の数研合格と自分の漢検合格祝いで焼肉に行くことに。

長男は最近テンション低くて、この焼肉話が出てから元気になったので、それはそれで良かった。

かくいう自分も焼肉自体すっかりご無沙汰で、食べ放題ということもあり楽しみにしてた。

ちびすけ2号はサッカーの祝勝会で来たことあるらしく驚きは少ない一方で、初焼肉の3号は席に着くなりトングをキープしていて意気込みが伝わってくる。

肉の出足が悪いなぁと思ったので、注文をスピーディーに繰り返していたら、いつまにか焼くので手一杯になるぐらいたまってきた。子供は食べないであろうホルモン系も頼み、無心に焼く。

ビールも飲みながら、ガッツリといただきました。

 

2016年12月9日金曜日

追悼Greg Lake

また偉大なロック・ミュージシャンが1人鬼籍に入ってしまった。

Greg Lakeは元King Crimsonの創設メンバーの1人でボーカル兼ベーシストであり、その後Keith EmersonとCarl Palmerと3人でEmerson, Lake and Palmerを立ち上げ、プログレ・シーンを十二分に牽引したミュージシャンだ。

享年69歳。癌で闘病生活だったらしい。年頭にEmerson、そしてこの師走にLakeと本当に寂しい限りだ。

初めて手にしたプログレが彼らの「展覧会の絵」だった。90sの再結成後の来日公演にも行った。

Carl Palmer始め他のプログレのレジェンド達にはまだまだ元気でいて欲しいものです。

合掌。

Greg Lakeと言えば歌心ある楽曲に定評がある。自分もボーカルで声を張っているLakeが大好きだ。

ナイト・ライツ中古盤 - ジェリー・マリガン

久しぶりにディスクユニオン・ジャズ館の中古レコード・フロアに寄ってみる。

まぁ、特別何か狙ったわけではないが、全般的にエサ箱を漁っているとジェリー・マリガンのナイト・ライツを発見。盤質はB。800円ちょいというところ。高いもんでもないし、雰囲気を買うつもりでゲット。

実際のところ気になるほどの、傷などはなし。これは当たりかなと。

以前からAmazon Prime Musicで聴き倒している1枚だけど、手元にアナログで置いてあるのがまたちょっとした贅沢かな。

 

 

2016年12月8日木曜日

Walls And Bridges - John Lennon

Signatur Box買って改めて気づいたのは、これまでジョンのアルバム・レビューをしていなかったこと。90年のボックスセットやアンソロジーの振り返りもほんのちょっとやった程度。どのみち再発含む新作もそう出ておらず、取り上げる機会が少なかったのは事実。

ということで今回一番聴きたかったアルバム、Walls and Bridges(心の壁、心の橋)について、駄文を綴りたいと思う。

前作マインド・ゲームスからセルフプロデュースとなり、政治的な色が薄まり内省的な内容になったが、リリース前からヨーコとの関係も危うくなっていき、俗に言われている「失われた週末」という時期に入ってから制作されたアルバム。

そういう事もあってか、さらに心情を吐露したかのような内省的な印象を受ける。それでもサウンド自体はスタジオ・ミュージシャンなども上手く使いながら、ロック的なサウンドを纏い、大変聴きやすく仕上がっている。セルフプロデュースという点では前作以上にうまくできたのではないだろうか?

陰陽バランスとれているなと感じていて、陽の部分で特徴的な1曲が「真夜中を突っ走れ(Whatever Get You Through The Night)」。ホーンセクションの導入も正解。ピアノやコーラスでエルトン・ジョンがゲスト参加。その縁でエルトンのライブに飛び入り参加するが、そしてそれが悲しくもジョン生前に演奏された「最後の新曲」ともなった。

「夢の夢(#9 Dream)」も柔らかみのあるポップ・ソング。コーラス部分の歌詞の意味が不明だが面白い。

陰部分としては「愛の不毛(Nobody Loves You (When You're Down and Out))」や「鋼のように、ガラスの如く(Steel and Glass)」

このアルバムは各曲の邦題も絶妙で、「心のしとねは何処」、「枯れた道」など素晴らしい。

2016年12月3日土曜日

Blue & Lonesome - The Rolling Stones

前評判が良かったので予約して購入。

再発は適当に手をだしていたけど純粋な新譜恐らく20年ぶりぐらい。多分Voodoo Lounge以来だと思う。

結果、凄く気に入った。最近聴いていた60sモノ作品が相乗効果として効いている。

とにかく、音が太い。ミックのブルースハープがバリバリ聴けるのはここまでないんじやないかな。

モノを貸してくれたO先輩も言ってたが、ドラムの音もでかい。これ、ホントにチャーリーが叩いているのかというくらい、ダイナミックにやっている。

ブルースカバーと聞いていぶし銀的な仕上がりを予想していたけど、本当にいい意味で裏切られた。

ブックレットにもミックの言葉で、新しい世代のファンに聴いて欲しいとあるが、納得の出来映え。

 

2016年12月2日金曜日

串かつでんがな

赤羽で途中下車。

気分転換したく、一番街をふらつく。

どちらかと言うと一杯やりたい気分なので、串カツやに入ることにした。

串カツでんがなはカウンターもあるので、一人でやるにはちょうど良い。金曜の夜ということで盛況だったけど場所はあった。

 

おつかれさまセットみたいなやつとどて焼きを注文。キャベツをほおばりながら、串カツちゃんが出てくるのを待つ。

そうそうこれこれと思いながら、出てきた串揚げをちまちま頂きながら、気分を落ち着かせる。
今日はもう終わった。また明日、頑張るかと独りごちながら帰りました。

 

2016年12月1日木曜日

バンド臨終図鑑

ちょっと前に単行本を図書館で借りて読んだので記憶にまだ残っているが、それの改定増補版なのか文庫でSMAPまで網羅して再登場。

なかなか着眼点のいい本で、Wikipediaで軽くさらう以上の内容になっているので、バンドの解散にまつわる人間模様を垣間見ることができる面白い1冊。

旧版での感想だけど、和洋どちらのバンドもあって、ちょっとマニアックなところでは一般人に馴染み薄いであろうKing Crimsonにその歴史のせいもあるが結構なボリュームを割いている。

オフコースやBoowyなど80'sに興盛を誇っていたバンドの散りゆく様なども綴られており、よくもまぁ調べたなと感心しながら読んだのでした。