2017年11月30日木曜日

永遠の始まり | ケン・フォレット

百年の物語、完結編。



今作も分厚いのが4冊と物凄いボリュームであり、アメリカ、イギリス、ロシア、ドイツを中心にキューバやポーランドなどさまざまな国で「冷戦」や「人種差別」から「自由」を求める人々を描いている。

世界史が好きなので読んでて楽しいが、「自由の国」アメリカでも人種差別がひどく公共の場でも黒人、白人の場所が分けられていたり、雇用が平等でないなど、これまでも映画などでも知っていたはずだが、いわれのない悪意の向けられ方に胸を締め付けられる。

かつては希望の革命であったはずの共産主義は、支配層の既得権益を守るためだけのシステムとなってしまい、ほとんどの人が幸せには遠い息苦しい時代が続く。同じ民族であり、みんなが平等であることを謳ったはずなのに、大抵の社会主義国家は独裁政権と何ら変わらない閉塞感しかもたらさず、やはり、人は自由を求めるものなのだなと思う。

ベルリンの壁ができる過程は、どうしてここまでして人を縛ることができるのか?と驚くばかりし、キューバ危機は生まれてないので小説とは言え、この生々しさ、逼迫さが空恐ろしくもある。

東ドイツのシュタージ、ソ連のKGBもさることながら、アメリカのCIAも嫌になるくらい独善的で悪意に満ちた支配欲みたいなもので溢れており、人を人と思わぬ所業が恐ろしい。

前々作からの登場人物もおり、国をまたいで血縁関係の家族もあって、久しぶりのフォレット作品なので、その辺を思い出すのが少々大変だった。エセルとフィッツのくだりは、前々作を読まないとなかなかにやりとできない。

60sのロックバンドの話も織り混ぜられており、ブリティッシュ旋風やサマー・オブ・ラブといったムーブメントも描かれて、自由を求める流れに沿った流行り熱のような世相が浮き彫りになって、これも時代のあだばなの如く散っていく。

ゴルバチョフの登場と共に冷戦も終息していくけど、そこから先は知ってのとおり大国のたがが外れ民族扮装があちこちで起こり、中東も平和とは程遠い。

100年経って科学技術は発達したけど、万民をすべからく幸福に導くことは未だ叶わず。人は歴史から色々学べるはずなのだが...


と柄にもないことを色々考えるきっかけと鳴った大作だった。大河好きには心底おすすめできるので、是非読んでもらいたい。

2017年11月22日水曜日

天たまそば@いろり庵きらく上野店


午後から外出だったので、途中乗り換えの上野でお昼。
あまり駅から離れたくないこともあって、駅そばであるいろり庵きらくを見つけたので、入ってみる。きらくは田町かどっかでも行ったことあるな、と思い出す。

絵的に月見がうまそうなので、天たまそばにする。

かき揚げもさくっとして、黄身を絡めて食べるとこれまたうまい。
だんだん寒くなって来たので、七味もふった暖かいそばがうまくなってきた。

2017年11月19日日曜日

ささみの燻製


ささみを買ったので、半分はささみカツにして、残りは燻製にしてみた。
前の晩に白ワイン、チリパウダー、ニンニクに漬け込んで冷蔵庫で寝かせ、翌日水洗いして水分を拭いてから燻製。
ささみは初挑戦だが、なかなかうまくできたのではないかと。とは言え、もう少し深みのある味が欲しいところ。チップも変えてみたいところだけど、最初に買ったやつがまだまだたくさんあるので、それを使いきりそうなとこまでは、おいそれと買い足せないなぁ。

2017年11月15日水曜日

辛味噌とんこつラーメン@博多風龍新宿東口店


飲み会に行くはずだったが、仕事の都合で参加できず。
20時ごろに新宿に着いたので何か食べるかとふらつく。ちょっと東口まで足を伸ばし、結局はラーメン食べるか、と。
で、博多風龍に寄ってみる。
ここは替玉二玉まで無料ということだが、さすがに今はそんなに食べられない。

辛味噌とんこつラーメンを注文。麺の固さは普通で。
なかなkちょうどいい辛さ。

で、替玉をかためで注文。やっぱり、これだけ食べると満腹。

2017年11月11日土曜日

ラーメンガキ大将



下二人が夜フットサルで、相方もその付き添いなので長男と二人。

たまには何か食べに行くかと近所のラーメン屋さん、ガキ大将に。

長男は既に数回友達と行ったことがあるようだが、自分は初ガキ大将。

平日は学生が多く、休日は家族連れも多く見かける。休日に休みがてら店の前をとおると、結構一杯にお客さんが入っているので混んでいるかと思ったらそうでもなかった。

ということで、自分は味噌ラーメン味玉付き、長男は坦々麺(とんたん麺)に餃子を注文。

待っている間にも次々とお客さんが入ってくる。いいタイミングで来たなぁと思っているとラーメン到着。

自分はあっという間にずるずるっと食べ終わるも、暑いの苦手な長男は時間かけながら完食。担々麺は初だったようで相当気に入った模様。

2017年10月31日火曜日

チキンカツカレーセット@新宿箱根そば本陣


期間限定らしく、600円とリーズナブルな値段での提供ということで、目に入ったのが運の尽き?これは挑戦するしかない、と。

滅多にここでカレーを食べないけど、ちゃんとしたカレーですね。言うと、ミニカツカレーでなく、そばの方がミニでも良かったんじゃないかいうくらいカツカレー良かったです。

2017年10月27日金曜日

一人飲み



疲れたので、西新宿で一人飲み。
あまり場所で悩みたくないので、さくっと「一軒目酒場」に入る。席も埋まりそうだったので、ちょうどいいタイミング。
レモンサワーと牛すじ煮込み、ポテトフライを注文。
ひとり客が結構いる割には賑やか。

ポテトフライが食べ終わる頃にはもう一杯飲みたくなってきたが、この日はさっと来てさっと帰るつもりでいたので、切り上げる。

だけど、やっぱりなんか物足りなくてスッキリしない。日高屋に入り、中華そばで〆てみた。


2017年10月20日金曜日

辛味噌ラーメン@松壱家藤沢南口店


遅くなったので、珍しく地元の松壱家に寄る。実に数年ぶり。
覗いてみたら、たまたま空いていた。いつもなら、行列とまでいかないものの入店待ちで一人、二人入り口に立っているのも珍しくない。

今回は辛味噌ラーメンを注文。よく覚えてないけど、前回もこれ頼んだような気がしたw

スープは味噌のコクがあって、お腹に染みていく感じがいい。麺は普通にうまいけど、これだったっけなぁと思いながら啜っていた。全然ご無沙汰だったので、勘違いだろうけど。

食べている間にもちらほらお客さんが入ってくるので、やはり相変わらずの人気店ということか。

2017年10月18日水曜日

スパイシーチキンカレー@扇屋浮間舟渡店



午後から外出なので、駅周りでお昼にする。
線路下の焼鳥屋さん、扇屋でランチをやっているので覗いてみるとスパイシーチキンカレーがあった。以前ここでランチで唐揚げ定食頼んだらえらい時間かかったが、カレーならすぐ出るだろうと入店。

お茶はセルフサービスなので、コップに注いで席に着く。

期待どおりスパイシーチキンカレー様のお目見え。一口食べて、いい辛さ。もっと辛くてもいいけど、スパイシーと名乗るぐらいは問題ないと思う。

ささっと平らげて出先へ向かった。

2017年10月13日金曜日

月の裏側 | 恩田陸



恩田陸の長編小節。
北九州のある町で行方不明が発生するがその後戻ってくるという奇妙な事件が続けて起こる。
そこに住む恩師に呼ばれた音楽プロデューサーは、恩師とその娘、地元紙記者と共に事件について調べ始めるが…

長編ということもあり、この間読んだ「木曜組曲」に比べ物語が滑り出すスピードが遅いかなと思ったが、徐々に加速していく展開にはまりこんでいく。水路が巡らされた街の描写は、どことなく全体的に「ユージニア」で感じた雰囲気があり、異世界めいた展開にぴったり。

さらわれた人間が実は作り直されて戻ってくるという、キングっぽいSFというかホラーのような仕掛けがあり、それを「盗まれる」という表現で例えている。

その町の図書館でも水の幕みたいなものが入り込もうとしたり、何者かの行動が見受けられるようになる。
当初は不定期にさりげなく起きていた「盗まれる」現象が町全体で起きてしまう。

あまりネタバレしたくないが、死んだ飼い猫を火葬にしたときに、というのが真実に近っこうとするきっかけとなる。

「真実は男のものだが、真理は女の中にしかないものだ。」という一文が、ははぁなるほどと分かったような、妙な納得感があって気に入った。

2017年10月12日木曜日

トントンマクートの不思議な世界



クリムゾンの「Live in Vienna」を買おうとディスクユニオンに足を運んだら、売り切れだったのでしずしずと店を出て、帰りの電車の中でディスクユニオン・オンラインで注文しようと決める。
で、ネット見たらそちらも売り切れ。よもやそんなことが起きるとは思っておらずがっかり。
そのがっかり感を回復させようとオンラインショップで色々見ていると、あのトントンマクートが再発されているのを発見。2枚組特別仕様、紙ジャケ、さらに8cmシングルの特典付き。ということでこれと、ラバーソウルのアナログ盤を購入。

トントンマクートは以前NHK-FMのプログレ三昧で紹介されて結構いいなと思っていた。ハイチの秘密警察の名前がグループ名という変わったバンドで、ジャズっぽいのもやったり、たまたまプログレ枠で紹介されたけど、実際のところつかみどころがわかりづらいバンドではあるなと感じる。

Just Don't Make Me Cryで聴けるベースラインにおっ!と思うし、You Make My Jelly Rollでのジャズばりなサックスにハッとさせられ、聴きどころも十分あるがいかんせん全体的に弱いというか1枚で終わってしまったのもさもありなんというB級っぽさが出てるのも否めない。


2枚目は新解釈による再構築録音を配したリヴィジティッド・エディションなるもので、題名は色々変えているが素材は同じ。

2017年10月11日水曜日

つけそば@黒門西新宿













夜からセミナーなのでその前に腹ごしらえ。セミナー会場近くの黒門に入ってみる。
看板メニューのつけそばを注文。

ちょっと今回は相性悪かったみたい。自分には少々しょっぱすぎる。つけそばだからスープは濃いものだが、ちょっと醤油味すぎる。和風創作らーめんの方がよかったか?

2017年10月8日日曜日

ヒレカツ定食


前日のヒレカツの残りで朝からヒレカツ定食を。まぁ、休みだし多少重めでもいいかな、と。

スープはインスタントの玉子スープ。

重いと思ったけど軽く平らげれてしまい、まぁこんなもんかなと。昼や夜なら玉子でとじてカツ丼にするのもいいね。


2017年10月7日土曜日

蓮根はさみ揚げ


小学校の運動会。ということで朝からお弁当準備。
ヒレカツや蓮根はさみ揚げ、タマゴサンドやおにぎりなどこさえる。はーちゃんも見に来てくれるので、唐揚げや煮物を持って来てもらえることに。

涼しい日が続いていたけど、この日はいつも通りの暑い日で、まぁ運動会日和で良かったな。

2017年10月6日金曜日

Live In Vienna | King Crimson


キング・クリムゾンの最新ライブ盤。2016年のウィーン公演とボーナス・ディスクに2015年の来日公演を収録。
ウィーン公演は、ジェレミー・ステイシーを加えた8人編成、御大呼ぶところのダブル・カルテットとなっており、トリプルドラムをフロントに配する布陣はそのままに、ビル・リーフリンをキーボーディストとして使っている。
この布陣ゆえに、「リザード」や「アイランド」の曲も違和感なくできるというもの。
ジャッコのボーカルも以前より力強さが増して、ウェットン期の曲も随分とさまになってきたと思う。
来日公演は公演前の場内アナウンス含めているところが、臨場感出て、あのオーチャードホールの空気が甦る。

本作はある意味クリムゾンに興味のある初心者にもおすすめできる内容ではないかと思う。それぐらい良作。

2017年10月3日火曜日

ベルクで一杯


外出先から直帰なので新宿のベルクで黒ビール。相変わらず混んでたがなんとかスペースを見つけてぐいっと飲んで、ほぅっと息をつく。

飲みながら壁の写真をぼーっと眺めながら、なるべく頭を空っぽにする。元々からっぽとか突っ込まないで欲しいけどw




ロースカツ&ヒレカツ煮定食@いちげん浮間舟渡店


午後から外出なので、浮間舟渡のいちげんでお昼にする。ここは結構ランチが充実しているのであなどれない。

日替りが何なのかを聞いてから、結局日替りではなくロースカツ&ヒレカツ煮定食をセレクト。出てくるまで10分ほど。
冷奴が付いているのが嬉しい。

ロースとヒレ両方味わえる、欲張りメニュー。予想どおりうまいのでご飯が進む。本来ならお代わりしたいところではあるが、食べ過ぎると午後も外出先で眠くなってしまうので、ぐっと我慢。

そういえば、以前はとんかつ和光とかでもキャベツ、ご飯のお代わりをよくしていたよなぁ。若かった。


2017年10月1日日曜日

Solitude Standing | Suzanne Vega



久しぶりにスザンヌ・ヴェガを聴いてみる。
今でも新作を出してライブもやっているようだが、ベスト盤レトロスペクティブ以降、新作を買うこともなく、思い出した頃に聴くという感じ。
それでも、初期のフォークロック的なサウンド、寒暖差のある歌い方が好きなので、その世界にいつでもひたることができる。
セカンド・アルバムにして出世作の本作は、アカペラのトムズ・ダイナーで始まり、代表曲「ルカ」を筆答にタイトル曲「孤独(ひとり)」を堪能できる。
ギタープレイも開放弦を匠に使ったコードでまるで変則チューニングのような響で彩るのも彼女の持ち味。
ジャケットも一番好きだな。既に大人の女性ではあるが、どこかあどけない感じが残ってて、ベスト・ポートレイトだと思う。


最近も新作を出したようだが、少し前にシリーズ化していたアコースティック・アルバム、クロース・アップも聴いてみたい。

2017年9月30日土曜日

7500


あの清水崇監督のホラー映画。ハリウッド作品。ホラーって言ってしまったけど、言うほどホラーでないかも。
とある飛行機で乱気流で揺れたり、突然起きた乗客の死。
死んだ男は荷物に奇妙な木箱を持ち込んでおり、中は怪しい古い人形。呪いの人形らしい。
そこから、不気味なことが続く。
が、通常のハリウッド映画にありがちな直接的な描写はあまりない。乗客の異変や行方不明で、その不気味さが描かれていく。

清水崇らしいけど、少々物足りなさを感じるのも正直なところ。

カレーうどん


お昼はうどん。ちびすけ3号は最近もっぱら釜玉うどんが好物でよく食べる。
自分はゴールデンカレー辛口のルーを使って、カレーうどんを作る。
もう少しねぎがあってもよかったな。

2017年9月29日金曜日

ターン | 北村薫



版画家の女性が交通事故に合うが気づいたら、自分の家で座っていたが、誰もいない世界。しかも、1日経つとまた気がついた時の状態に戻ってしまう。
なんとか、その状況の謎を解き明かそうと無人の町へ出歩くが、手掛かりはない。
そんなことを150日繰り返した後、突然電話が鳴り響く。

北村作品を初めて読んだが、最初いきなり二人称で会話が始まるので戸惑いながらもページをめくっても、なかなか話の進みも遅いので序盤は正直つらかった。

しかし、話が転がり始めると続きが気になるほど面白くなり、一気に読み終えてしまった。

無人の町で買い物するのに、きちんと代金を払っていく主人公も律儀でよい。
物語としていい終わり方。他の作品も気になってくる。

2017年9月28日木曜日

元禄寿司




予定していた飲み会が流れたので、一人飲みしようと赤羽に降り立つ。
最初は魚河岸寿司に行ってみようかと思い覗いてみたら満席。たまには回らないお寿司をいただきたかったが、ララモールまで足を運び回転寿司である元禄寿司にする。

数人しかお客さんがいなかったが、入れ替わり立ち替わりでお客さんが動いて行く。

まずはハイボールを注文。適当にうまそうな奴を選んではつまむ。
えんがわが好きなので、良さげなえんがわを見つけてつまむ。あとはサーモンが良かったな。
二杯目のハイボールも頼み、30分ほどはいたかな。

適当に酔えたのでいい感じ。

2017年9月26日火曜日

たぬきそば+ミニ牛丼@新月


藤沢は意外と立ち食い蕎麦がない。JR、小田急それぞれに駅そばはあるものの、一般的な立ち食いそばは本当にない。富士そばとか、ゆで太郎とか、他では見かけるお店がない。

そんな中、昔から地下道の奥深くにある「新月」に行ってみた。なかなか行きづらい感じがあるので、ちょっと勢いづけて入ってみた。ちなみに目の前にあるお寿司屋さんも気になる。どちらも常連さんのイメージが強く、一見さんお断りなのかしらと不安に駆られる。

新月はミニ丼もののコスト・パフォーマンスがすごい。ミニ丼は大体200円。今回はたぬきそばにミニ牛丼を注文。550円也。

お味はまぁ、お値段どおりというか立ち食いそば然としていて、安心する。

2017年9月25日月曜日

木曜組曲 | 恩田陸



久しぶりに恩田陸作品を読む。
ある女性大物作家の縁者達がその死を偲んで毎年集まることになっていたが、4年目の集まりでは謎の人物からの花束が送られてくる。
そこには作家重松時子を殺したことを許さないというメッセージカードが添えられていた。
それをきっかけにあらためて、4年前のとき子の死の真相をみんなで解き明かそうとするが…

毎年集う縁者達というが、形は色々あるが物書きに連なる職業の女性達。それぞれ、したたかで、姉妹でも異母姉妹だったり一筋縄では行かない関係。

こういった背景もあり、真相を解き明かそうとする会話劇がテンポ良く、また恩田陸ならではの場面場面でハッとする「引き」が素晴らしい。

特に遺書を見つける場面、みんなが買い物に出掛けている間に、留守番しているえい子と静子にメッセージカードの送り主から電話がかかってくる場面は、絶妙。これがあるから、恩田作品は好き。

一応の結論は出るが、各人のエピローグがまた面白い。シリーズ物にできるのではと思うくらい、個性豊かな登場人物や設定でこの1冊で終わるのも惜しい。

2017年9月24日日曜日

ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー


仮面ライダードライブ放送後にOVAとして発売された2本のうちの1本。
ドライブは本当に良くできた作品で、車に乗るという異色な作品にも関わらず「W」に感じた世界観の構築美がある。バディものであること、味方ライダーの背景も深いこと、敵幹部の際立ったキャラクター、など魅力が豊富だったからだろう。もちろん、三条脚本というのも、大きいと思う。

さて、個人的に本作の見所はやはり、「W」からのアクセル客演だろう。とにかくあの赤いジャケットの照井竜が拝めるのもありがたいが、警察ものコラボということで、無理のない登場の、仕方でニヤリとしてしまう。

ストーリーの本筋はチェイスが感情、人間らしさ人間らしさ興味をもち、そこに付け入るロイミュードということになっている。

あくまでチェイス主役なので、アクセルは端役。本編でのチェイスの最期を思えば、ここでの活躍が他の作品もライダーとの絆にも結び付く流れともなり、見終わってからの満足感も凄い。


ということで、早くもう1作のハート編も観たい!

2017年9月23日土曜日

麻婆豆腐とおはぎ



お彼岸なのではーちゃんちでおはぎを作って食べることに。
手ぶらで行くのも悪いので、適当に何か持って行くかと麻婆豆腐や豚と大根の炒め煮などをこさえる。
ついでに長男のバイト先のテイクアウトも持って行って結構豪勢な食卓に。

Wiiや人生ゲームをやりながら、まったり過ごした。

2017年9月22日金曜日

チャーシューエッグチキンカツ丼@かつや


ネットニュースで見て、また随分攻めな高カロリーメニューが登場したなと思ったが、たまたま新宿で店の前を通ったら目に入り、いっちょ挑戦してみるかと入店。一体何をやってんだか、と自分でも思う。ちょっと荒ぶってたんだと思う。
チャーシューが少ないレギュラーの方を注文。
なんだかすごいが、食べてみると思ったよりチャーシューのインパクトはない。これなら、てんやの豚の角煮の天ぷらだっけ?あっちの方が凄そう。
チキンカツと卵の相性は悪いわけがない。やっぱり美味しい。
しかし、色々考えるな。

2017年9月21日木曜日

その女アレックス | ピエール・ルメートル


以前書店で平積みされており、凄い海外ミステリー小説とポップが付いていて気になっていた1冊。ようやっと、文庫で読んだ。

とある女性が誘拐される。目撃者からの通報で警察が捜査に乗り出し、自ら過去に妻を誘拐事件で失くしたカミーユ警部が担当となる、というところが物語の出だし。

誘拐犯を追っていく捜査劇かと思ったら大間違い、タイトルにあるさらわれた女性アレックスが実は…

3部構成になっており、それぞれ物語の焦点が異なる。第1部はアレックスが自力で脱出するまで。第2部はアレックスとカミーユ、それぞれの視点からの進行。そして第3部はアレックスの兄が登場し、事件の背景に隠れた忌まわしき過去について解き明かされるシーン。

初見の驚きが大事なので詳細は書かないが、二重の驚きに、なるほどこれは持ち上げられるだけの作品だな、と納得。

2017年9月15日金曜日

特製塩らーめん@そよ風


飲んだ後、藤沢で以前から気になっていた和風らーめんそよ風へ。店の前に着くと2階ではカレーつけ麺やっているとか、悩むなぁ。
まぁ初心貫徹。そよ風に入る。
カウンター中心で、そのカウンターと厨房の間はガラス窓が隔てられており、丼は窓を開けて提供される。
今回は特製塩らーめんを注文。食券でなく厨房のお兄さんにオーダー。
そして出てきた塩らーめん。和風と名乗っているのもなるほどと感じる、穏やかな佇まいの一杯。とんこつ、背脂もちとキツイという方ならうってつけ。
スープも優しい味だが、しっかりと味わい深い。麺は縮れ麺ではなくストレート。スルスルっとすすり、これは旨いなぁと。呑んだ後にはぴったり。
これは次回醤油も試さねば、とどうでもいい使命感を抱きながら店を出た。

2017年9月12日火曜日

The Beatles Lost Studio Sessions



以前買った怪しい4枚組ボックスのうちの1枚。いわゆるアウトテイク集ですね。
ビートルズ歴も長いので適当にブートの類も聴いてきているけど、やはり「アンソロジー」以降、もっと言うと2009年のモノラル・リマスターを入手してからは、原典重視というか、ブートの類を振り返る暇がなくなってきたのが正直なところ。
ということで、手持ちの音源とダブりがあるのかもよく分かっていないw 多分、結構初耳な感じだと思う。冒頭のラブ・ミー・ドゥーはモノラル・シングルで公式っぽいのでどうして入っているのか謎だが。
フォー・セールの頃までのアウトテイクで、残りはデビュー前やBBC音源。

面白いと思ったのはBBC音源のI'm Talking About You。ジョンのアグレッシブな感じが上手く出ていてかっこいい。ストーンズも初期にカバーしており、それぞれの魅力があり、面白い。

Seventeenという名前のアイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼァの初期のバージョンも面白い。