2017年5月3日水曜日

アヴェンジャーズ

さて、huluのアヴェンジャーズ祭。いよいよ、マーヴェル・ヒーローのクロスオーバー作品であるアヴェンジャーズを鑑賞。

長男も一緒に鑑賞。

アイアンマン以外にもキャプテン・アメリカ、ハルク、マイティ・ソーが登場。他にも驚異的な弓の使い手ホークアイや、アイアンマン2にも出演していたエージェント兼暗殺者のブラック・ウィドウも出演。

フューリー束ねるS.H.I.E.L.D.の一員となって、ソーの弟であるロキが、ワームホールを開けアスガルドという別世界からの侵略を防ぐというもの。

一癖も二癖もあるヒーロー達は簡単にはチームワーク良く事に当たれず、今後のシリーズも基本的にはこの微妙なメンバー間の不和が物語の鍵となる。

この手のクロスオーバー作品は各キャラクターが特性を活かしながら活躍し、次第にチームワークを築きながら悪を倒す、というのを楽しむものであると思うが、そんな感じで楽しめる。あまり深い話はそこにはない。

おぉ、○○カッコイイッ!と思えれば楽しいのである。

やっぱりキャストも含めてアイアンマンが頭ひとつ抜きん出ている印象が強いけど、正義感溢れるキャプテンもなかなか頑固な所がよい。キャプテンはアイアンマンであるスタークの父との絡みがあり、今後の物語でも触れられる。

仮面ライダーにもよくあるクロスオーバーものだが、やはり秀逸なのは「フォーゼ&オーズ MOVIE大戦」。Wも含めた無理のない世界観の構築、先輩後輩の立ち位置、など綺麗にまとめられた傑作だった。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿