2018年11月13日火曜日

塩つけ蕎麦@金字塔



赤羽の金字塔でつけ蕎麦。
昨日会社の同僚と赤羽ラーメン事情を話してたら無性に行きたくなってきたw
この日はカウンターがほぼ埋まりそうで、結構な混み具合。
サービス券で玉子を追加し、贅沢気分。

2018年11月3日土曜日

どて焼き風煮物



豚肉、大根、こんにゃくなどでどて焼き風の煮物に。
あまり味噌煮込み的なものを作らないので、ネットのレシピを参考にやってみた。
まぁ、少々濃いめの味付けな気がするけどこんなものか。
ビールが合うんだろうけど、なくて白ワインでw

2018年10月16日火曜日

一由再訪


日暮里で終えたので、一由へ2度めの訪問。
時間も時間なので空いているものの先客はいるし、後から次の客も来るしと慕われぶりが分かる。
2度めの訪問だが前回いただいたイカゲソ天が忘れられず、また注文してしまう。
これで330円なんだから凄い。うまくて安い。
こういう立ち食い蕎麦屋さんは今後も残っていて欲しい。

2018年9月29日土曜日

もつ煮



晩御飯にもつ煮とそれだけだと子どもたちも食べないので、回鍋肉(しめじ入り)を作った。
安上がりにビターズで一杯。

2018年9月25日火曜日

善光寺黒ビール



初めて長野の事業所に出張してきた。
せっかくなので帰りに長野駅でお土産を買う。会社用のお菓子や家で食べる蕎麦。それと、黒ビール。
ラベルに惹かれてしまった。
お酒は他にもあったが開拓しがいがありそう。
しかし、新幹線駅構内なのにカードが使えないのに驚いた。

2018年9月21日金曜日

天玉そば@そばいち新宿駅構内


帰りも遅いので、なにか食べたいと思い新宿で降りたが、またここからどこか歩く気力もない。
ええい、ままよと、珍しくJR駅構内の立ち食い蕎麦屋、そばいちに入る。
券売機で天玉そばをチョイス。
ここのかき揚げはカラッとしてるので、ハズレはない。ズズッと平らげ空腹を追い払い、心の平穏を保ったのでした。

2018年9月16日日曜日

散策

昼前に買い物。
午後は散歩。
村岡から大鋸に上がり、水道道路に沿ってみるかと。
1号まで出るも、1号くぐった先が良くわからず右に出ると1号沿い。しばらく歩くもすぐ歩道がなくなりそれ以上は無理かなと引き返す。

くぐった所をもう少しよく見てみると抜けられる所が。何だか、RPGみたいなことやってるな、と思いながら行けるところを進んでいくと大清水の方に出た。通り抜けられないと思ったところ後ろから自転車が通り過ぎ、そこへ向かっていくので抜けられるんだなと分かり、歩きだす。
小学校の脇を通り、川を渡って左に曲がりそのまま藤沢橋へ。
そこからは市役所まで歩いて小休止。

2018年9月11日火曜日

エジプト・ステーション|ポール・マッカートニー


ポールの新作。今回は新作リリース間近になってまさかの来日公演の告知もあり、急なポール色が押し寄せてきて驚いてる。去年も来たよね?いいの?みたいな。
で、新作は前評判では好評だったが自分は先行シングルもYouTubeも見ずに初体験。
1曲目を聴いたとき正直声が以前より老いてきたなと感じたものの、何度も聴いているうちに慣れてしまった。
アルバムの出来としては十二分で、バンドも安定しており、プロデューサーの狙いどおりの作品に仕上がったのではないかと思う。
個人的には前作「New」の方がきらびやかな感じで、かつ複数のプロデューサーが功を奏したか実験的な部分もあり、好みではある。
今回はあまり肩の力を抜いて気負わずに、思いついたところを活かしてうまく仕上げたみたいな、自然体なところがいいのかもしれない。


ベストトラックはDominoかな。
ボーナストラックありの国内盤をディスクユニオンで購入。ジャケットアートの缶バッチついてました。

2018年9月8日土曜日

文化祭と秋祭り


昼頃から長男の高校の文化祭。
食べ物系の所は軒並み混んでいて、高校生の捌き方の甘さにほっこりする。クラスによって男女の貢献度が違うのはいいとして、全体的にリーダー、仕切りがあまりいないように感じられた。まぁ、この学校っぽいと言えばそうだがw
その後軽く買い物して、帰宅後は味噌漬けしておいた豚バラを燻製する。
この週末地元のお祭りなので、サッカーの保護者で集まって適当に飲むのに手土産としてもっていくため。ついでにチーズもスモークする。


屋台も始まり18:30頃に長男のリクエストでベビーカステラを買いに行くが、長蛇の列。30分ほど並んだか。
おかげで飲みへの参加が少々遅れるが、皆さん適当に出来上がっているのでちょうどいい。
持参したつまみも好評で楽しく過ごせた。

2018年9月7日金曜日

ファー・イースト・カフェ


午後から相方と表参道まで出て、小田さんショップ、ファー・イースト・カフェ(Far East Cafe)へ行ってきた。
もう随分訪れてなかったけど、お店は相変わらずで良かった。
店内ではライブでお馴染みの「ご当地紀行」が流されており、見たことない土地での触れ合いを楽しむことができた。
相方はグッズも買い込み大満足そうだ。

2018年9月6日木曜日

もり蕎麦とちくわ天|嵯峨谷新宿小滝橋通り店



新宿小滝橋通りの嵯峨谷でもり蕎麦とちくわ天をいただく。
前回食べた感動が忘れられずw
やっぱりちくわ天がもちもちとした歯応え。この、ちくわの旨さったら、堪らない。

2018年9月4日火曜日

ジャンボイカゲソ天蕎麦@一由日暮里店



午後から品川で打ち合わせ。昼前に本社で営業と合流してから行ったのでお昼なしだった。
終わってからも夕方から日暮里で別の打ち合わせなので、まずは移動しておくかと。なにせ台風が近づいているとのことで、確かに風も強く、動ける内に動くべきかと。
日暮里について、さて遅めのお昼にしようと以前から気になっていた立ち食い蕎麦屋さん一由に行く。
名物のジャンボゲソ天とかけ蕎麦を注文。
こりゃ見た目ボリューミィな感じで期待。
イカゲソ天は期待に違わぬ旨さ。はぁ、こりゃいいねぇ。
目の前に他の天ぷら、トッピングのケースがあって、思わず何か追加したくなるほど、他も美味しく見える。まぁ、このイカゲソなんだから他も美味しいんだろう。
かき揚げBなるものがあって、なんでも常連さんからのリクエストだそうな。
そういうやり取りがあるのが、いいお店である証かなと。

2018年9月2日日曜日

小休止




昨晩は相方がお母さんを病院へ連れていき、結果今のところ大事なく、6時すぎに帰ってきた。
自分も目が覚めてたので、なんとなくプロメテウス見ていたりする。

午前中に買い物。
午後は出掛けずに撮りだめたドラマ観てから、尼から風呂場のシャワーフックの部品が届いたので、取り付けたりする。

本当に珍しく夕方から昼寝したりする。2時間は寝てないが、気持ち良く眠ることが出来た。
3号がサッカーから帰ってきてSwitchで遊んでたが、Fortnightばかりやっていて全くスプラトゥーンやりたい父に代わってくれない。ほんと、困る。

夕食に挽肉のカレーと昨日とは別の春雨スープを作る。

2018年9月1日土曜日

散歩、チキンカツ、夜中突然

午後から散歩。
笛田まで出て、そこから鎌倉山へ抜ける。途中雨もぱらついてきて戻ったほうがいいか少々悩むも、まぁいいかと歩き続ける。 シャツも汗の染みが出て見た目よろしくないんだけど夏場なので勘弁してもらいたい。
鎌倉山の雷亭近くで若い女性グループとすれ違う。キャリーバッグ持ってる子が数人いたので観光なのか。鎌倉駅方面はともかくこの辺は車ないと結構不便。バスかタクシーで移動してるのかも、とどうでもいい憶測をしながら歩を進める。
西鎌倉のローソンで小休止。
その後片瀬方面へ昇る。西鎌倉から上がる坂道から片瀬山のテニスクラブにササッと抜ける道はないものか?
そのまま片中脇を降りてスーパーで頼まれた買い物をして帰る。
2時間、約8キロを練り歩いた。

夕食はチキンカツを作った。
せっかくなので、玉子でとじてチキンカツ丼もいいかとこさえてみる。写真のようにポンと玉子を落としただけのものと、溶いて混ぜたものの2種類を作って子どもたちに選ばせた。




夜中、相方の実家から電話があり、はーちゃんの具合がよろしくないと。急ぎ相方が病院へ連れて行くため車を出す。

2018年8月31日金曜日

醤油ラーメン@そよ風



飲んで帰ってきて久々に地元でラーメン屋に寄る。
それこそ松壱屋に行こうかと思ったけど相変わらずの繁盛ぶりで、諦める。
ファミリー通りのそよ風に行ってみる。ほとんど1年ぶりの再訪。
前回は特製塩ラーメンだったので、今回は普通の醤油ラーメンを注文。
もう前回食べたのだって自分のブログ見直さないと思い出せないのだけど、ツルッとした細麺なのね。
豚の角煮っぽいのと、鶏肉が入っている。煮干がきつ過ぎず上品に仕上がっている。海苔が活きるのでナルトよりも海苔をもう、1, 2枚増やしてくれた方が嬉しいかも。
飲んだあとでもすっきりとズルズルっと美味しく頂けました。

2018年8月27日月曜日

箱そばスペシャル|箱根そば大和店



噂の箱そばスペシャルを食べてみた。
ご覧のとおりかき揚げ、海老天、肉、コロッケ、温玉、大根おろし、わかめ、ねぎとてんこ盛り。
見た目嬉しいが、意外と具の攻め方が難しい。わさびと温玉は混ぜたくない。そこを基本方針として、おろしはかき揚げや海老天と合わせながら、箸を進める。
 わかめやねぎはどんな具ともうまくやってくれるベテランの万能選手。こんなとき安心できる。
コロッケが実はカレーコロッケという、ちょっとしたひっかけも何のその、スペシャルという混沌を無事制覇した。

いやぁ、満腹。

2018年8月25日土曜日

江ノ島漁港、iRig壊れた?

午前中は朝ドラまとめ鑑賞。


 午後から散歩。江ノ島まで行って漁港を覗いてみる。釣人が何人かいる。奥の防波堤とどっちがつれるかな?最近江ノ島で釣りしてないので今度竿持って来るか。
そこから、図書館行ったり、牛乳や玉子買ったり。

帰ってからちょろっとギター弾いたがirigでギターの音が出ない。iPodやアンプから音は出るのでシールドの問題ではなく、irigではないかと。あとはギター変えても再現するかどうか。firehawkもあるから今更irig買い換えたくないのだが、ちょっとしたときに便利だったりするから悩む。




その後ちびすけ3号とSwitchでマリオカートで遊ぶ。なにげにうちにSwitch版のそれがあることを覚えてなくて何気に初プレイかも。

2018年8月24日金曜日

熟成塩そば@赤羽金字塔


今日は色々あったので気分転換したく、赤羽の金字塔へ。
熟成塩そばに、サービス券もあるので玉子を追加。 実を言うと熟成つけそばにしたつもりだったのだが、食券押し間違えたみたい。 まぁ、たまにはいいかと思いなおし、黙ってそのままいただく。
うん。相変わらず美味しい。 半分食べたところでコーヒー油投入。この塩スープにベストマッチ。
つけそばでないので、あの玄米茶割ができないのが少々寂しいが、満腹、満足でした。

2018年8月14日火曜日

劇場版仮面ライダービルド~Be The One鑑賞、長男誕生日

ビルドの映画を観に行く。

TVもいよいよクライマックスで毎週楽しみにしている。

映画はTVのストーリーにうまく影響を与えずにそこで完結するような形になっている。

次期ライダーも登場するがほんのおまけ程度。


夜は長男の誕生日会。エビフライ、鶏肉のパン粉焼き、ビシソワーズ、握り寿司などこさえて振る舞う。

そして本人たっての希望でバースデイケーキは、サーティワンでアイスケーキ。

2018年8月9日木曜日

新宿信州屋再訪




我ながらどうかしてると思ったけど、この間行った新宿の信州屋の玉子天がどうしても食べたくなってきたので、行ってきた。
かき揚げは前回も食べた画、今回蕎麦はザルでいただく。
お目当ての玉子天、期待を裏切らない旨さ。これはご飯に載せてもいいですね。

2018年8月6日月曜日

You're the One |Paul Simon



2000年、20世紀最後の年にリリースされたサイモンのアルバム。グラミー賞受賞。

前作「ケープマン」以上に民族音楽色がなりを潜め、ちょっと前のソロアルバム的なサウンドとなっている。初めて聴いたときは正直「ハーツ・アンド・ボーン」を思い出さてくれたのだけど、やっぱりそれとはまた別の味わいがある。

"Old"のバッキングのギターや言葉多めな歌い回しからS&Gを感じたりする。

タイトル曲の"You're The One"も軽快なギターサウンドが印象的な一曲。打って変わって憂いのあるマイナー調な"The Teacher"。子供が弾けるように訴えてきそうな"Look At That"。いずれも耳に残るメロディでいい。

そして本作屈指の美しいサビのメロディの"Love"。ボーカルラインといいバッキングのギターフレーズといい、グッとくるものがある。
一人でもこの仕上がり。もしこれをガーファンクルと歌ったら。言ってもしょうがないしソロのサイモンも好きなのでこれはこれで好きなのだが、ファンの身勝手なわがままでデュオでどうなるのか聴いてみたいと思ってしまう。

"Hurricane Eye"はパーカッションや細かなギターフレーズから「グレイスランド」的な民族音楽っぽさが出て、こんな風に昇華してるんだなと感心。

2018年8月3日金曜日

酸辣湯麺@バーミヤン浮間舟渡


本社で会議後、戻りがてらお昼にする。
浮間舟渡のバーミヤンに行った。まだ12時前だが次々とお客さんが入ってくる。まぁ、この辺食べる場所も限られるし、ほんなもんか。
麺ランチセットで酸辣湯麺をセレクト。小皿はシュウマイ。ドリンクバーがついてるのでアイスコーヒーで、涼みながら麺を待つ。
とにかく暑いので汗がなかなか引かない。
酸辣湯麺はそれほど辛くはないがスープにたけのこやしいたけが多く入っていて食べごたえがあった。

2018年8月1日水曜日

All About The British Beat



ちょっとツウ好みなコンピレーションアルバム。ホリーズやビリー・クレイマーなど60sイギリスを席巻したビートルズ旋風の様子がわかる作品。
資料的価値ももちろんだが、やはりビートルズやストーンズに引っ張られ、どのバンドもチャートに食い込もうと必死なので、その競争が業界のレベルを上げていると感じる。
それでも似たりよったりでは意味もなく、各バンド、アーティストが独自性、存在意義を出そうとやっきになっている。
アニマルズの「朝日のあたる家」は以前から結構アメリカっぽい雰囲気あるなと思ってた。
レノン=マッカートニー作のBad To Meなんかもやっぱり出来がいい。
ビートルズのカバーもいくつかあるが、「Got To Get You Into My Life」はオリジナルの良さが際立って来る。そういう力の差みたいなものも出ているのが分かる。

本作の面白いところは、ヒット曲を網羅したディスク1と、マニアックな人選、選曲がされているディスク2に分かれてあるところ。

イエスのハウ師匠のバンド、トゥモロウや同じくイエスのジョン・アンダーソンの下積み時代ハンス・クリスチャン名義の曲などクスッとしてしまう。特にハンス・クリスチャンは、色んな記事、文献で出てくるが音を聴いたのは初めて。
そういうところも丸っと含めた懐広いコンピレーションなのである。

2018年7月31日火曜日

冷やしかき揚げ蕎麦@信州屋南新宿

よってこや、たいめいけんの近くにある蕎麦屋。

数年前にできたのか、まだきれいな佇まい、内装で以前から気になっていた。

なんとなく寄ってみるかと入ってみる。まずこの手の店にありがちな食券機がない。奥のレジで注文して、その場で会計するシステム。

あまり考えずに入ったので、パッとメニュー見て冷やしかき揚げ蕎麦430円に決める。

どうせなら、外にディスプレイもあったのでもう少し攻め方を組み立てるべきだったか。

かき揚げ蕎麦はすぐ出てきた。見てわかるサクサクぶり。食べてみてやっぱりと実感。蕎麦も手繰ってみて、これは当たりだと嬉しくなる。

かき揚げ以外にはネギ、ワカメと定番選手に加え、きぬさやがあり好感もてる。そして、トッピングなのかはたまたかき揚げから転げ落ちたのか、小さな海老が転がってピンクの顔を出していてかわいい。

食べながら他のメニューを見ていると、のりたま天丼なるものがあるではないか。よくよく見ると単品玉子天があり、次回は絶対に食べようと決めた。

2018年7月29日日曜日

散歩


午前中に買い物、洗濯など済ませる。
午後は散歩。天気もいいし、少しは体動かすか、と。
台風一過のかんかん晴れで、汗が凄い。水分補給しながら休憩挟み、7kmほど歩く。こんな天気でもジョガーをちらほら見かける。皆さん頑張りますね。

2018年7月27日金曜日

麺処さとう、そして池袋まで


この日は池袋まで歩いてみた。都合8km弱。
久しぶりに5km以上歩いたと思う。
途中本蓮沼の麺処さとうでラーメンを食べる。

豊魚鶏だし味玉醤油らーめんを注文。白髪葱がいいですな。相変わらず盛況で何より。


仲宿過ぎると池袋も近くなってくるけど、通りの風景に下町感があって都会とはちょっと切り離された時間が感じられて良い。

2018年7月23日月曜日

芝公園


打ち合わせで芝公園へ。
18時までかかってしまった。この日は板橋で飲む約束をしていたので、急ぎ三田線に乗り、飲み屋へ馳せ参じた。

2018年7月20日金曜日

もり蕎麦とちくわ天@嵯峨谷新宿小滝橋通り




夕方新宿で所用を終わらせ、夜の予定まで少々時間があったので、嵯峨谷へ。
もり蕎麦にすることは決めていたけど、プラス・アルファ何を足すか?流石にいつものようにビールというわけにもいかないので、注文したことのないちくわ天をチョイス。
これが大正解、大正義。
ちくわ天って立ち食い蕎麦や海苔弁でも中途半端な存在というか、一言で片付けるならば脇役、端役。
しかし、このちくわ天は主役を張っている。歯応え良く、衣の味がこれまた良く、もり蕎麦にバッチリ合っている。
調子も上がってきて、ビールを頼みたくなるがじっと我慢。
これは、また食べたい。

2018年7月19日木曜日

炙り肉の冷やし塩ラーメン@よってこや南新宿


地元にもあるんだけど新宿のよってこやに初入店。
とにかく猛暑、酷暑、呼び方はどうであれ、身体もグッタリする暑さ。よってこやと言えば味噌系も旨いし行ってみるかと思い立つ。
すると期間限定メニューの冷やし系があるではないか。これはさっぱりするかなと、2種類あるうちの炙り肉の冷やし塩ラーメンにしてみる。
これがなかなかの当たり。よってこや得意の細麺がこの塩スープとベストマッチ。炙り肉も旨い。
塩分補いながら涼むことができ、満足満腹。

2018年7月17日火曜日

ライオンハート|恩田陸



恩田陸のこれまた不思議な長編作。ある男女の時を超えた出会いと別れの物語。

輪廻転生物のようだけど、時系列は必ずしも過去から一直線で成り立っているわけではなく、時にどちらかが先に相手を見つけていたりして、ややこしい。

イニシャルが刺繍されたハンカチがキーアイテムとなっており、読者はこのアイテムの登場で胸踊らせることとなる。

パナマ運河建設の舞台となる一遍が好き。

2018年7月16日月曜日

巨神計画|シルヴァン・ヌーヴェル



尼でKindle版がセールだったので上下巻買ってみる。
何でも原作が刊行する時点で映画化も決定されているという注目度の高さ。
アメリカのある少女が自転車に乗っていると、落っこちるが、そこは巨大な手だった。そこから、巨大建造物の各パーツを収集するプロジェクトが始まる...
物語はすべて、インタビュー、あるいは電話などの会話のみで進むのも斬新な試み。
最後まで読み終えてもインタビュアーが謎の人物のままであり、その謎の人物から見て巨神と関連してそうな謎の人物もいて、話がどう転んでいくのか気になるところ。
パーツの集め方、プロジェクトに関わる人物、そこに起きる悲劇、様々な目線で語られるが、世界が完成した巨神を目の当たりにした時が本当の物語の幕開け。
続編もあるというので是非読みたい。