2014年9月30日火曜日

The Best of Badfinger

Beatlesの弟分として、Appleレコードのアーティストとしてデビューした「不運な」バンド、Badfingerのベスト盤。

前進バンドThe Iveys時代からBadfinger時代まで収録しており、やはりPaul McCartney作のCome and Get Itが光る。ちなみにBeatlesバージョンはAnthology 3で聴けます。初期のBeatlesを感じさせるミドルテンポのポップ・ソングで結構いい曲なのに他人に惜しげもなくあげちゃうあたりが凄い。

Badfingerと言うかThe Iveysと言えば、やはりMaybe Tomorrow。こういう歌だからこそ、Beatlesの弟分的扱いにもなったんでしょうか?

しかし、彼らの歴史はその後芳しくなくマネージャーがバンドを裏切り借金だけが残り、終いにはメンバーの中心人物も悲観して自殺するという、なんともやりきれない感じ。

名曲Without Youがまさか彼らのオリジナルだとは思わなかった。自分はAir Supplyのカバーが好きです。

まぁ、何と言うかベスト盤なんだけど、どこか垢抜けないというか悪く言うとB級色が感じられて、お得感が薄い。

 

2014年9月29日月曜日

金字塔セット

会議後に飲み会もなかったので、実に久しぶりに金字塔へ。

いつものようにつけ蕎麦にしようとしたけど、たまには別のものを開拓しようと思いメニューをなめると、「金字塔セット」というものを発見。やっぱり、店の名前を冠するのだから食べてみるべきだろうと注文。

いわゆる油そばとご飯、スープのセット。味噌唐辛子が小皿で供され、ご飯でも麺でもスープでも好きに使え、ということらしい。

まぁ、金字塔ファンを自負している自分からすると、ちょっと及第点に達していないと思う。

というのも麺が油そば向きでない。味付けはさすが金字塔なんだけど、ちょっと違うかな。後はご飯が柔らかい。外食のご飯って、もう少しお米粒が気持ち立つ感じじゃないですかね?というより、普通に炊けば普通の硬さのご飯になると思うけど… 以前ランチの小どんぶりも正直今一つだったな…

看板メニューの塩そばやお気に入りのつけ蕎麦と比べると、ちょっとランクが落ちますねぇ。

とえらそうに書いてしまい申し訳ない。スープは凄く美味しかった。なんだかんだ言って、ペロリと頂きました。

 

2014年9月27日土曜日

ナポリタン風スパゲッティ

朝から夕方まで3号がホームグラウンドで試合。歩いて数分なので気楽。

ちびすけはチームでお弁当を注文していたのでいいとして、こっちは用意せねばならんのでスパゲッティにした。

余ったバジルとピーマンとしめじとハムで、ケチャップで味整えてと適当に。

2014年9月26日金曜日

George Harrisonボックス・セット The Apple Yaers 1968-1975発売

Georgeのアップル時代のアルバムをまとめたボックスがリリースされました。

少々悩んだ末、いい機会だと思い米尼で注文。既にAll Things Must Passは持っているけど、それぐらいのライト・ファンなので他のアルバム、特にExtra Textureを聴くのが楽しみ。

こうするとWarnar時代のボックスも手元に起きたくなる…

既に発送されたけど10月入ってからの到着なので、のんびり待ちたい。

2014年9月24日水曜日

ストレンジ・デイズ 2014年11月号

PaulのVenus And MarsとWings At The Speed Of Soundのデラックス・エディションの特集。発売が当初の予定より延びているので幾分早い気がするするが有難い。レココレ誌でも同様の特集らしいので、そっちも後で読みたい。

雰囲気は概ね伝わる記事なので不満はないですが、肝心のデラックス・エディションの写真で一部解像度が低いままのもののが掲載されており残念。誤植はいつものこと(失礼!)だからスルーできるが、写真の方はシステム的にもチェックできるので頑張って欲しい。

もう1つの特集はCSNYのライブ・ボックスCSNY 1974について。こちらも中々いい内容。ディスコグラフィもCSN, CSNYすべて網羅しており満足。

他には来日を控えたTaï Phongについても記事あり。クラブチッタのチケット取れないし、財政上の理由から見送りますorz... ちなみに、Moon Safariも見送ります。贅沢言わずYES来日でガマンの子。

話それましたが、いつもの編集後記は面白い。あんパン少年の目撃情報求むw

2014年9月23日火曜日

UP - R.E.M.

  1. Airportman
  2. Lotus
  3. Suspicion
  4. Hope
  5. At My Most Beautiful
  6. The Apologist
  7. Sad Professor
  8. You're in the Air
  9. Walk Unafraid
  10. Why Not Smile
  11. Daysleeper
  12. Diminished Includes a brief piece entitled
  13. Parakeet
  14. Falls to Climb

1998年リリースの、そしてドラマー脱退後初のアルバム。

不思議な雰囲気のAirportmanから始まり、ミドルテンポの気怠いLotusが続く。これなんか、StonesのKeith Richardsのリフが合いそうな感じ。

シューゲイズっぽいイントロ、バッキングのHope。ドラム不在をこういうアイディアで埋めようとしているのか。

そして本作のベスト・トラックAt My Most Beautiful。冒頭のピアノとドラムだけでBeach Boysっぽさが分かるが、はかなげに歌われるメロディ、コーラスがいい。R.E.M.の中で1,2を争う名曲と思っている。

メロディが良いと言えば、#11のDaysleeperの絶妙なワルツのスイング感がたまらない。

#8のYou'in the Airでは流麗なアルペジオの後ろで歪んだギターがリフというよりは効果音的に差し込まれ、その上でStipeのなんか泣きそうなボーカルが乗り、印象的な1曲に仕上がっている。

エンジニアはNigel Godrich。へぇー。

照り焼きチキンサンド

2号、3号共に同じグラウンドで練習試合。

ということで、お昼ご飯持参で見に行く。ここのグラウンドは周りに何もないので、もう必然的に持って行くことに。

ということで自分はパン焼いて照り焼きチキン(ちびすけ達のお弁当にも入れた)作って、サンドイッチを用意。相方はおにぎり作ってくれた。

コーヒーも持って行ったけど、この日は残暑も厳しく、熱いコーヒーなんぞ飲んでいられなかったw

試合の方は買ったり、負けたり。PK合戦は盛り上がっていた。

ただ、翌日から腕が痒い。みると、肘の内側中心に虫刺されっぽい後が。でも、蚊ではなさそう。相方も結構刺されていたが、けむしではないかと推察。チャドクガかどうかはわからないけど、蛾の幼虫の毛が飛散してて刺さった説が濃厚。

観戦も長袖のシーズンか?

2014年9月21日日曜日

焼豚作った

夕方からはーちゃんちにおはぎ作り行くことになったので、手土産に焼豚作って持って行くことにした。

いつもは表面だけ焼いてから茹でて、タレ絡めながら焼くのだけど、たまにパサパサになることがあった。今回はタレつけてからオーブンで約ことに。オーブンでの焼き具合が思ったより良くないので、表裏ひっくり返しながら、30分ずつ焼いた。

 

姪っ子家族も来ていたが、うちのちびすけ達は一緒に遊んであげようとせず、ゲームやりたいと駄々をこねるので叱りつける。疲れたw

とりあえず罰でゲーム1週間禁止にしておいた。

パセリとバジルのスパゲッティ

ちびすけ2号のサッカーのコーチから食べ物の好き嫌いをなくす挑戦をしなさいというようなミッションが下り、2号に嫌いなものなんてあったっけ?(というくらい良く食べる)と思いながら話を聞くと、「パセリ」と答えたらしいw なるほど。

という理由で買ったパセリの残りがあったので、お昼に

バジルと一緒に刻んでスパゲッティにしてみた。これはこれで美味かった。

2014年9月19日金曜日

世界が終わるわけではなく - ケイト・アトキンソン

ケイト・アトキンソンによる不思議な短編集。

最初の2本を読んで、ちょっとハズレかと思ったけど3本目の「テロメア」から話が面白くなってくる。

読み進めていくと、連作ではないもの、それぞれの話の登場人物が他の話でも登場してきており、そういうクロスオーバー的な部分も面白い。

4本目「不協和音」では教師の母、勉強が出来、クラシックやTracvisが好きな姉、TVゲームやヘビメタが好きな不出来の弟の3人家族の物語。主に、姉、弟目線で状況が語られていく。

有名女優の息子と子守の話「予期せぬ旅」では2人の交流の深まりを伺え、知らぬ間にもう1人の自分が動き回り、その影に怯える「ドッペルゲンガー」(ラストはなかなか)なども面白い。

冒頭と最後の話が同じ登場人物による話で、このように挟み込むことで「トータル・アルバム」のような効果を狙っているんだろうけど、別にそんな小細工を弄さなくとも面白い1冊になり得ると思うが…