2018年3月13日火曜日

三元豚ロース天丼@てんや


出先から戻りながら赤羽でお昼。
ネットニュースで気になっていたてんやの三元豚ロース天丼行ってみようかと思い立ち、行ってみた。

お昼のピーク前だったのですんなり入れた。
メニューを見ていると春の天ぷらを単品でも注文できるとか。うわ、これ絶対ビール欲しくなるやつだ、と嬉しいような今飲めない恨めしさもあって少々残念。
予定どおり三元豚ロース天丼を注文。

かつてはとり天もてんやならず食べたことあるけど、豚は初めてじゃないか?豚を揚げると言えばトンカツだろうし、なかなか天ぷらというスタイルはお目にかからない。自他共に認める豚肉好きとしては、遅すぎる出会いなのかもしれない。

つまらない御託はおいといて、三元豚ロース天丼到着。
一口食べてなるほどと感心。あぁ、これはありだな、と。いつも思うけどてんやの季節限定メニューはあたりが多いと思うのでレギュラーメニューになって欲しいんだけど、旬のものを無理なく入手し、美味しく提供するということで季節限定になってるんだろうけど、豚は大丈夫じゃない?と思ったり。

2018年3月12日月曜日

The Rainmaker |The Flower Kings



フラワー・キングス6枚目のアルバム、Rain Makerは久しぶりに2枚組でなく1枚もののアルバム。正確には前作Space Revolverも1枚ものだけどボーナス・ディスク付で買ったので2枚組のイメージが強い。

荘厳なボーカルで始まるLast Minute On Earthは11分の大作だが、緩急折り混ぜた得意のスタイルで聴きやすいプログレ・シンフォ。そこからダークでムーディなWorld Without A Heartへ。サビのメロディーが印象的で本作はこうした短い歌モノが非常にいい具合に仕上がっている。Road To Sanctuaryはインストが強力だが、お得意のスピーディーな運び方でスリリング。歌に入ると重めなバッキングとなり、このバランスがなかなか良い。
タイトル・チューンThe Rain Makerはストルト先生の粘っこいバッキングのギターにハッセの心地よい歌声が重なり、トマス・ボディンのキーボードがうまく装飾してる。

長尺だがCity Of Angelsはフラワー・キングス風AORとも言える、TOTOがやってもおかしくない一曲。

Sword of Godはヘヴィでブルージーに始まるが、後半になるにつれギターもキーボードも複雑なフレーズを織り交ぜながら、やっぱりこうなるよねという安心感。It's the angel〜というリフレインもいい。

短いRed AlertはRetropolisに入ってそうなインスト。それがイントロかのように8分強のSerious Dreamersへ。Now you tell me that〜のくだりを聴いたときぶるっと来たというか、おっこれは!というちょっとした感動があった。

長め、短めうまく織り交ぜながらも、非常に聴きやすい一枚。

2018年3月11日日曜日

開成水辺スポーツ公園ふたたび

ついこの間行ったばかりだけど、またこの会場で試合。
この日は車出しなので、朝から一緒に行動。正直、1日取られるのはしんどい。6:45に出発し、8時前には会場到着。早すぎるのか、駐車場が開いてない。ちょっとして主催者なのか公園管理の方なのか門を開けていただき、車を停め、子供たちを下ろす。


まだ若干遠くにもやがかかっている。暖かくなりそう。


試合と試合の間が結構開くので、その辺を散策。梅も随分咲きほこり春が近づいているなぁと実感。
P3110023
開成駅まで足を伸ばしてみたが、駅前だけマンションがあり異様な光景。そのマンションの敷地内に旧式のロマンスカーの先頭車両が払い下げられたのか置かれており、地域の(おそらくそのマンション群の)おじさん達が何かやっていた。自他会の会合か、何かの寄り合いか。


途中汗ばむほどの陽気ともなり、応援・観戦している分にはちょうどよかった。14時も過ぎてくると段々と空気も冷たくなってきて日が下がってくると共に気温も下がる感じ。

試合の結果は2位。このチームでの試合は残り少し。悔いのないよう頑張ってほしい。





2018年3月5日月曜日

Flower Power |The Flower Kings



年初に到着したフラワー・キングスのボックス・セットKingdom of Coloursを毎日少しずつ聴いてるが、過去にレビューしていないこのボックスで初めて聴いたアルバムについてちょっとずつ感想を記したい。

ということで、まずはFlower Powerから。
前作Stardust We Areに続き2枚組の超大作。1枚目は1時間近い組曲Garden of Dreamsとしており、そこでコンセプト・アルバム的アプローチでまとめ、残りは従来的なフラワー・キングな曲、込み入った構成の曲やポップな曲が収められている。
イエスやジェネシスのようなシンフォニック調が得意な彼らだが、The Mean Machineはピンク・フロイドの「On The Run」っぽいダークな曲もあり、終盤でベルが鳴るんじゃないかという錯覚に陥ってしまう。こういうのもやるんだなと感心。

2枚目はこれまでのようなスタイルを元に自由にやっているが、前作Stardust We Areも2枚組だったが、この頃はそれだけの創作意欲が湧いていたということかと思うが、ちょっとここまで膨らませる必要もないかと。1枚ものの方が散漫な感じにならずに良かったかな、と。

ここでの教訓なのか次作Space Revolverでは1枚に凝縮してくる。

メンバーを見ると、この頃はベースがまだロイネ・ストルトの弟のマイケル・ストルトだったのね。ヨナス・レインゴールドは次作スペース・リボルバーからの参加。

2018年3月4日日曜日

散策


図書館に行くついでに散策。
裏の公園を通ったら、結構梅も咲きほこっており、陽気な天気で家族づれや犬の散歩の人など、かなり賑わっている。

図書館の後は鍋ふたのつまみを買うために100円ショップに行って、そのまま小一時間ほど散歩してから帰った。

2018年3月3日土曜日

肉味噌うどん


午前中3号の腰越で試合を観に行き、帰りにスーパーで軽く買い物。お昼の用意をして2号を試合に送り出さなくてはいけないので、時間ないと思ってお弁当買ったら実は13時過ぎに集合だとか。時間あったじゃんよ!?

まぁ、お陰でその後は割とのんびりできた訳でうどん茹でながら鶏ひき肉で肉味噌を作り、茹で上がったうどんに乗せ、卵黄をトッピング。
なんでも卵黄乗せればワンランクアップの法則を発動させるww



その後、スプラトゥーン2がフェスだったので久しぶりにプレイ。
初戦はダメダメだったけど、徐々に勘を戻しつつ?楽しんだのだった。

2018年3月1日木曜日

赤味ラーメン@よってこや藤沢店


御徒町で呑んで帰ってきて、お腹いっぱいだったはずがコバラスキーな感じになったので、ラーメン行くかと。
駅近くのよってこやにやってみる。ここも随分ご無沙汰。

結構混んでいるが待たずに入れた。メニューを眺め赤味ラーメンに決める。
細麺に赤いスープで見た目がなかなか良い。この見た目ほど辛くなく、すすっと食べられる。

明日も休みの気分になってくるが、まだ木曜日。もう1日がんばるか。